ここから本文です

世の中に家事代行サービスは多々あれど、最近はどうやら「現役女子大生による家事代行サービス」なんてものもあるらしい。「女子大生」というワードの響きからモヤモヤしてしまう人も多そうだが、実態はどのようなものなのか?

■女子大生家事代行サービスとは
同サービスは一時間あたり5000円~(+交通費1000円)で、女子大生が自宅の掃除、洗濯、ゴミ出し、犬の散歩などをしてくれるというもの。「元気」「気が利く」「おしとやか」など、30個以上の項目をクリアした女子大生がサービスを行っている。「一人では怖い」という女子大生のために2人での派遣が基本になっているようだ。家事代行だけでなく、カラオケや居酒屋にも彼女たちの派遣を頼むことができるというが......実際の利用者はどのくらいいるのだろう?

現役女子大生の家事代行サービス >>「女子大生派遣のide」

■問い合わせは3000件!
同サービスを運営する「アイディーイー」の担当者によれば、サービス開始からこれまでの問い合わせは約3000件。しかし、実際には「『女子大生』という言葉から過激なサービスを期待される方もいて、冷やかしも多い」という。料金的には一般人にも手が届きそうなものだが、実際には利用者に対して厳正な申し込み審査を行っているため、すべてのニーズに応じているというわけではないようだ。審査について、担当者は「お掃除をしながら、経営者としての考え方や社会人としての心得等をお話ししていただける方に限定している」と、強調。また、利用するには「同社の趣旨を理解することが必要」とも。

■年収2000万円以上の顧客を想定
同サービスの利用者は、「離婚されて家事が面倒だと思われる男性や、共働きで家事に手が回らないご夫婦、お手伝いさんを替えたい方、ご家庭、犬の散歩等、雑用まで受けてくれるサービスを探していた経営者などが多い」と、担当者。イメージとしては「年収2000万円以上の会社経営者」の顧客を想定しているという。

■「生き様」を女子大生に伝えたい顧客も
同サービスは実際に「今の20代に今までの経験を語りたい会社オーナー」からの依頼も受けているのだという。「『昔は世間を教える人がいたのに、今の20代はその教えを受け継いでない』との声が多く、家事代行を通して『生き様』を今の20代に学んで欲しいと考える人もいる。当社としても、『私達の想いを次の世代へ』という理念を掲げ発足したという経緯があります」(担当者)。

同サービスは現在、約3カ月待ちの人気だそう。年収2000万円の4分の1にも満たない筆者は、とても審査なんて通過しそうにないが、世のVIPたちのなかにはこういうサービスを利用してみたいと考える人もいる、ということなのかもしれない。ちょっと庶民には敷居が高そうだが、我こそはという方は一度試してみてはいかがだろう?

(プレスラボ)

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ