ここから本文です

俳優の竹中直人、タレントの勝俣州和らが22日、東京・浅草の今戸神社にて映画『長ぐつをはいたネコ』のヒット祈願を行った。

サムネイル

同作はドリームワークスの最新作となる3Dファンタジー。捨て猫だったプスとその仲間による宝探しの大冒険を描く。日本語吹き替え版では竹中が主人公・プス役の声優を担当。プスの相棒、卵のハンプティ・ダンプティ役を勝俣が務めている。

会場となった今戸神社(東京・台東区)は、昨今は恋愛成就のパワースポットとしても人気だが、「招き猫 発祥の地」のひとつとしても知られる神社。また、当日の2月22日は"ニャンニャンニャン"で「猫の日」として制定された記念日。さらにゲストとしてタレントの猫ひろしも登場するなど、同作にちなんでまさに"猫尽くし"で行われた。

サムネイル

竹中は、プスのコスプレにご機嫌の様子で登場。以前にはなんと12匹の猫を飼っていたこともあるというほどの猫好きで「捨て猫を拾っては育てていたので。すごかったんだから、猫が家中走りまわるし、子ども産んだり(笑)」と笑顔で語った。

サムネイル
サムネイル

勝俣は今回が声優初挑戦。「ドッキリだと思っていたんですよ(笑)。セリフもメチャクチャ多いし、台本もらった時にマネージャーに断ってくれって頼んだんです。覚えられないから、って」と冗談交じりに振り返ったが、竹中に「(ハンプティ・ダンプティに)ピッタリだったんですよ、声が。本当の声優さんより役の幅が広がった感じでしたね」と絶賛されると、「僕の名前はハンプティ・アレクサンダー・ダンプティだ」と、劇中でのセリフを披露。「これ、娘の前でやるとウケるんですよ。『似てるー!』って。僕なんですけどね(笑)」と、報道陣の笑いを誘った。

サムネイル

カンボジア国籍でロンドン五輪出場を目指す猫ひろしは「どうも、カンボジアからやって参りました、シュマールひろしです」と、同国の名前であいさつ。猫キャラで猫好きをアピールする猫だが、実は猫アレルギーであることを司会者からバラされると、「そうなんです。猫ひろしという芸名を授かってからアレルギーになっちゃったんです。若干、商売上がったりで......」と苦笑いを浮かべた。

サムネイル

そんな猫アレルギーにからめて、長期休養中のオセロ中島(重度の猫アレルギーとして知られる)について話がおよぶと、バラエティ番組『中井正広のブラックバラエティ』(日本テレビ系)で共演していた勝俣は「(中島が)休み始めた時に『何か僕で力になることがあったら』って一回、連絡入れたんですけど、やっぱり(返事が)返ってこなかったですね」と沈痛そうな表情。「事情が分からないんであんまりコメントできないですけど」と前置きした上で、「才能のある方ですから、早くまた仕事場で会いたいですね」とメッセージを送った。

『長ぐつをはいたネコ』は3月17日より全国公開。

サムネイル

(取材・撮影/H14+HEW)



【関連記事】





Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ