ここから本文です

昔からさまざまなマンガや映画で描かれてきたアンドロイドロボ。人間そっくりの見た目やしぐさが特徴のロボットだが、これらの開発は現実の世界でも着々と進んでいる。日常のワンシーンに溶け込む最先端のアンドロイドロボを紹介する。

■ショーウィンドウでアンドロイド


今年の2月、新宿高島屋のショーウィンドウに展示されたのが、アンドロイドロボの「ジェミノイドF」。まばたきや首をかしげるしぐさだけでなく、人にも反応する。若干動きにぎこちなさはあるが、遠くからパッと見たら本物の女性がショーウィンドウに入っていると思うかもしれない。

■カフェでもアンドロイド


こちらは前述のアンドロイドロボ「ジェミノイドF」がカフェで接客する様子を捉えたもの。この「ジェミノイドF」は、「注文まだの方いらっしゃいますか?」、「どんな女の人が好きですか?」などと、会話までしてしまう。ちょっといたずらな質問をしてみたくなるというのは筆者だけだろうか......。

■開発モデルとなった人物と並ぶアンドロイド


アンドロイロボにはモデルとなった実在の人物がいることが多く、この動画では、先ほどの「ジェミノイドF」とそのモデルの女性が並んでいる姿を見ることができる。ちなみに、同席している外国人男性のアンドロイドは「ジェミノイドDK」というもの。その精密さは世界的にも高い評価を受けているようだ。



技術力は感じるが、現状ではまだちょっと異様な感じもしなくはないこれらのロボたち。この先人類が継続して発展してくのだとしたら、いつかはそんな違和感すら感じさせないロボも登場してくるのかもしれない。

(河合力+プレスラボ)


Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ