ここから本文です

私たちの暮らしをより豊かなものにしてくれる自動車。最近ではすごい技術を搭載した車も続々と登場しているようで......。最先端の技術が用いられた自動車をご紹介したい。

■透明の自動車

これはMercedes-Benz(メルセデス・ベンツ)が発表した「消える車」。電気自動車「F-Cell」の上に特殊な発光ダイオード(LED)のシートを貼り付け、反対側の様子を撮影した映像を投影することで、あたかも透明になったかのように見せている。こんな車が手に入るとしたら興味深いけれど、街中を普通に走るのは危険すぎるような気も......。

■伸縮する自動車

世界最大級の見本市「CeBIT(セビット)」で発表されたのがこの「縮む車」。車体を50センチ縮められるだけでなく、タイヤをその場で360度回転させることができる。駐車が苦手という人にとっては、まさに夢のような車かも。

■開放感がすごい自動車

これはルノーから発売されている「Twizy(トゥイージー)」という車。車体側面に扉がないため、運転をしながら開放的な気分を味わうことができる。日本でこの時期の運転するのは、花粉症だとちょっとつらそうだが......。

■無人自動車

これはGoogleが開発した無人自動車。設置されたコーンの間をすいすい走り抜けていく姿はまさに圧巻だ。この車を楽しむならどこまでその性能に気持ちを委ねられるかだが、天下のGoogle先生が開発してるわけだし、きっと大丈夫......ですよね?

一昔前には考えられなかったような性能やデザインの自動車が次々と登場している昨今。空飛ぶ車や時空を越える車など、映画や漫画の世界に登場するような近未来的な車が登場する日も近いのかもしれない。

(山本莉会/プレスラボ)

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ