ここから本文です

お笑い芸人の鉄拳が描いたパラパラ漫画『振り子』が、「泣ける」とネット上で話題となっている。

サムネイル

(※画像は鉄拳公式ブログのキャプチャーです)




ある男女の出会いから結婚、そして天に召されるまでの半生を描いた作品で、18日放送の深夜番組『DO! 深夜』(フジテレビ系)の中で紹介されたもの。どこか不器用そうな硬派な青年が、不良にからまれている女性を助けたところからストーリーは始まるが、描かれるのは交際から結婚~出産という幸せな日々ばかりでなく、仕事上の失敗や倒産などの不運に見舞われ酒や女遊びに溺れる夫や、そんな夫を甲斐甲斐しく支えながらも心労がたたって倒れる妻、結婚式も挙げられず苦労ばかりかけた病床の妻にウエディングベールをプレゼントしようとアルバイトに精を出す夫......そんな苦労やすれ違い、憤(いきどお)りや後悔を繰り返しながらも寄り添って生きる2人の姿を通じ、人生の悲喜を描いている。

刻々と時を刻む振り子の揺れに合わせて、コマ送りで描かれる2人の人生。2人の晩年を描くラストでは、止めることも巻き戻すこともできない時間の流れの中にありながら、しかし妻にしのびよる「死」に抗(あらが)うように振り子の揺れを必死で食い止めようとする夫と、そして、そんな夫をねぎらうかのように穏やかな笑顔でさとす妻の姿が、見る者の感動を誘う内容となっている。

この放送を見たネットユーザーの間では、

「深夜に思わず号泣した」
「想像以上にマジで凄かったw 鳥肌たったわ 」
「おい、泣いちまったよ......」
「振り子をなんとか押し留めようとする死んだ旦那でもう涙腺崩壊」
「いいことばかりじゃないのがリアルで泣ける」
「なんか久しぶりにすごいものを見てしまった」

と称賛の声が多数。
また、作品のストーリーだけでなく、アニメーション上の演出や、その作品を作った鉄拳本人についても、

「もう映画祭とか狙えよw」
「パラパラ漫画の域超えてるやんw」
「内容よりもアニメーションが凄い」
「素直に感動した、ありふれた題材だけど振り子を使った演出がうまいね」
「なんか鉄拳見る目が変わったw」
「このジャンルで世界に羽ばたける人材だと思う」

と、絶賛する声も多数上がっている。

なお、鉄拳は以前にもテレビ番組などでパラパラ漫画作品を披露しており、同番組で公開した『絆』や、『ツナガル』などの作品がネット上で大きな話題となった。

(文/H14+HEW)

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ