ここから本文です

"しょこたん"ことアイドルの中川翔子。彼女がプロ並みのイラストや漫画を描くことは有名だが、先日ブログにてオリジナル漫画を公開すると、その奇想天外かつ不気味な内容がネットユーザーたちの間で「シュールすぎる!」と話題になっている。

サムネイル

(※写真は昨年10月、映画『1911』記者会見出席時のもの)


「レモン生ハム子」のタイトルで1枚のイラストをブログ上に公開したのが18日のこと。そこにはセーラームーン風のお団子ツインテール美少女が描かれているが、どうやらそれは前日に食べた高級生ハムのおいしさに痛く感動したしょこたんが、インスピレーションを刺激されて擬人化したキャラクターなのだそう。しかし、なぜか美少女は裸で体中は擦り傷だらけ。しかも、全身を生ハムで縛られ、猿ぐつわまでされて涙を浮かべている。さらに、美少女の頭上に描かれたくし形切りのレモンから垂れ流れるレモン汁を全身に浴びせかけられており......どこか拷問やSMプレイを思わせるかのような場面が描かれ、一見してただならぬ状況にあることがうかがえるイラストだ。

サムネイル
サムネイル
(※以下、画像は中川翔子 公式ブログのキャプチャーです)


そこではイラスト1枚のみの公開だったが、次のエントリーからはその美少女を「檸檬公子(れもんきみこ)」なる名前の主人公に据えたストーリー漫画がスタート。冷暗所に監禁された公子(ハム子、をもじった名前と思われる)が、塩漬けにされて「キズにしみて体中がシミシミシミールシミール」ともだえ、のたうち回ったかと思えば、さらにその後には煙の充満する熱い部屋に閉じ込められ、くん製に。揚げ句には化け猫風の怪物が現れて......。出だしこそ少女漫画風に始まったが、次第にお得意の"楳図かずおタッチ"の絵もチラホラと登場するなど、じわじわと"しょこたんワールド"が展開。内容的には藤子不二雄Aや丸尾末広的な作風をほうふつとさせるシュールかつ不気味な世界が描かれている。

サムネイル
サムネイル
サムネイル
サムネイル

20数枚に渡って描かれたこの漫画が公開されると、ネット上でたちまち話題に。「クソワロタww」「これはいい もっと見たいw」「いや面白い」といった声もあったが、一方で「すげー怖かった ちびるかと思った」「子どもには見せられないな」「マジで怖いなオイ......トラウマになったかも」と、恐れをなす人も少なからず見受けられた。

しょこたんの頭の中を垣間見るかのような、妄想爆発系シュール漫画。オチがやや衝撃的だが、気になった人はブログでチェックしてみてはいかがだろうか。

※参照元:中川翔子オフィシャルブログ「しょこたんぶろぐ」ニコニコVIP2ch

(文/H14+HEW)

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ