ここから本文です

スポーツ振興くじ「toto」の中でも宝くじ並みの高額配当で人気の「BIG」。キャリーオーバー発生中の当せん金は最高6億円という庶民にとっては目のくらむような高額当せんくじだが、なんとその1等6億円を見事に当てたというネットユーザーが現れ、他のユーザーたちのねたみを買っている。

サムネイル

(※画像はtoto公式サイトのキャプチャーです)


totoは、Jリーグ1部・2部の13試合でホームチームの90分経過時点での勝敗結果を予想するものだが、BIGの場合は14試合の結果をコンピューターがランダムに選択するという投票方法。つまり、完全に「運まかせ」なので、サッカーに関する知識がなくても誰でも気軽に購入できるという敷居の低さが魅力のひとつだが、一方、全試合を当てて1等当せん金を獲得するには、よほどの強運の持ち主でなければならない。ちなみに、1等が当たる確率は「約1/480万」。宝くじより高確率とされているが、とてつもなく狭き門であることに変わりはないだろう。

とはいえ、やはり当たる人には当たる。1等が全く出ない場合もあるが、前回の第551回では1人が当せん。今回の第552回では2人の当せん者が出ている。そして、そのうちの1人がなんと2ちゃんねるの「宝くじ板」に現れ、当せんしたことを報告したのだ。

従来、宝くじ当せん者というと、当たったことをひた隠しに隠すケースが多いのか、実際に1等に当たったという人に出会うことはまれだ。しかし、やはり当の本人としては、誰かに言いたい、という気持ちもあるのだろう。今回の当せん者にそうした心理が働いたかどうかは定かではないが、宝くじ板に以下の書き込みをし、ネット住民の知るところとなった。

「さっきtotoセンターの人に紹介番号の事を電話で聞いたら 番号? 個人情報? 全然大丈夫っすよw みたいな事言われたんでさらします 9081-7346-0223」

一般的な宝くじのように当せん番号が公開されることはないため、当せんしたかどうかを確認するにはチケットに記載された照会番号が必要となる。つまり、基本的に当せん番号(照会番号)は当せん者しか知らないということなるわけだが、このユーザーがさらした上記の番号は、toto公式サイト上で何度確認してみても、間違いなく当せん番号なのだ。

サムネイル
(※画像はtoto公式サイトのキャプチャーです)



そして、本当に当せんしていることが確認されると、ネット住民からはこの果報者を羨む声が噴出。

「いいなー」
「酒がまずい......」
「俺もそうだけど他人の幸せに全く喜べないんだよ」
「毎日がデリヘル生活できちゃうんだろ 心底ねたましいわ」
「一年に1000万ずつ使っても60年かよ 改めてすげー額だな ほんとに当たるやついるんだな」
「札束風呂出来るな」
「なんで俺には当たらないんだーー!!」
「裏山」

と、ねたみそねみを爆発させている。

いやはやなんともウラヤマシイ話だが、買わねば当たらないのが宝くじ。購入していない筆者が羨ましがるのはお門違いというものだろう。幸運にあやかりたいものだが、6億円を手にするには、とにかくまずは一口300円で"夢"を買うしかなさそうだ......。

※参照元:暇つぶしニュース

(文/H14+HEW)

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ