ここから本文です

"しょこたん"ことタレントの中川翔子が26日、キャットフード「モンプチ」発売25周年のスペシャルサポーターとして、都内で行われた就任式に出席。愛猫家として知られる中川は、同サポーター就任に「26年間の生涯で最大にウレシスでございます!」と独特の言い回しで喜びを表した。また、お笑い芸人の猫ひろしがロンドン五輪の男子マラソン・カンボジア代表に内定したことについては「歴史に残るとんでもないこと」と祝福。さらに、前日にAKB48からの卒業を電撃発表した前田敦子については「なんか、歴史が動く瞬間なんですね......」と、驚きを隠せないようだった。
サムネイル

「猫は家族であり崇拝する存在であり、もちろん友だちでもあり、すべてを超越した存在。猫という存在がいるこの宇宙に生まれたことを感謝しています。猫が好きすぎて、もう爆発しそうです(笑)」と、"モンプチキャット"を抱いて登場した中川は、登壇早々から大興奮。現在は8匹の猫と暮らす愛猫家として知られる中川は「母と、中野ブロードウェイで猫カフェを開く計画をしております」とのことだが、そんな猫好きが高じて「(猫になりたい?)その妄想は常にしております(笑)」とニッコリ。自分が猫になったら誰に飼われたいか? との質問には「うーん、やっぱりジャッキー・チェン様ですね。毎朝、寝起きのジャッキー様の鼻をペロペロしたいです......」と妄想を爆発させた。
サムネイル サムネイル

今年5月には27歳の誕生日を迎える"お年頃"の中川だが、「猫たちが待っていてくれるので、お仕事が終わると誰にも会わずに家に直帰しております」と、どうやらプライベートは猫とベッタリのようで、以前に宣言した「恋活」の状況をきかれると「残念ですね(笑)。だって、猫8匹いたら寂しくないんですよね......」と苦笑い。それでも、「ぜひ、猫好きな方とめぐりあい、そして、猫まみれのおうちで娘を産み、そしてオタクに育て......。人生計画はどんどん妄想しています(笑)」と意欲はある様子。結婚相手の条件は「猫好きしかあり得ないですね。『一人暮らしだけど実は近所の猫にちゃんとエサをあげてた』とか、そういうエピソードがあったら、もう"ズッキューン!"でございます」とのことで、テレビカメラに向けて「猫好きの男性、プロポーズ待ってまーす(笑)」と照れつつアピールした。
サムネイル

また、"猫"といえば、お笑い芸人の猫ひろしとは「中川家は親子ぐるみで猫さんと親交させていただいている」という中川。猫がカンボジア代表としてロンドン五輪出場が内定したことについては「それ、すごかですよ! ホントにびっくり。凄まじいことですよね。歴史に残るとんでもないことなので、ぜひお祝いしたいと思います」と祝福した。

さらに、AKB前田が卒業を発表したことついてコメントを求められると、初耳だったのか、驚いた表情でしばし絶句。「ちょっと、びっくりバッカルコーンというか......。私が秋葉原の劇場に見に行った時は、キラっと輝く存在(だった)。もう5年以上前になりますでしょうか、『あっちゃーん』と叫んだことがございます(笑)。お会いしたりしたことはあまりないんですけど、そういう出来事も走馬灯の様によみがえりますね」と振り返り、「なんか、歴史が動く瞬間なんですね......」と、感慨深そうに語った。
サムネイル サムネイル

なお、「モンプチ」発売25周年を記念したプロジェクトとして、モンプチ特設サイトにて一般投票による愛猫のフォトコンテスト「ハッピーキャットコンテスト」を実施。審査委員長を中川が務め、優勝賞品には「モンプチ製品1年分」や「雑誌デビュー」の機会などが用意されている。
そのほか、しょこたんデザインによるエコバッグの特典付き「モンプチ25周年セット」を同社通販サイトにて1000個限定で販売する。
サムネイル

(取材・撮影/H14+HEW)

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ