ここから本文です

髪を二つに結ったヘアスタイルを指すツインテール。子どもの頃や学生時代にしていたという女性もいるのではないだろうか。そんなツインテールを多くの人に広めるべく、今年2月2日に誕生したのが「日本ツインテール協会」だ。

サムネイル

※画像は「日本ツインテール協会」公式サイトのキャプチャーです



同協会のサイト「日本ツインテール化計画」にはツインテール美女の写真がずらり。ツインテールの歴史や種類の解説など、さまざまなコンテンツが用意されている。

サムネイル
※画像は「日本ツインテール協会」公式サイトのキャプチャーです



サムネイル
※画像は「日本ツインテール協会」公式サイトのキャプチャーです




立ち上げの経緯や運営側の実態について、同協会の担当者に話を聞いた。

――なぜツインテール協会を作ったのですか?

「ツインテールが好きだからです。これまでツインテールとは、オタク好みとか、子ども時代だけのものなどと思われがちだったスタイル。大人になるに従い、多くの女性が2つの結び目をほどき、ツインテールを封印してしまっていたと思います。もっと幅広い年齢層の女性にツインテールを楽しんでほしくて、この協会を立ち上げました」(担当者、以下同)

――協会の皆さんは普段何をしている人たちなのですか?

glambというアパレルブランドの社員です。普段は会社の業務に忙しくしていますが、仕事の合間や寝る間を削ってこの活動に力を注いでいます。ちなみに会長の古谷完はglambの代表兼フォトグラファーですが、今週末は休日返上で『あの街ついんている』(同サイトのコーナー)の撮影のため北海道に行くようです」

サムネイル
※画像は「日本ツインテール協会」公式サイトのキャプチャーです



サムネイル
※撮影中の様子



――ツインテールの魅力って何なんでしょうか?

「ツインテールには、初恋のような甘酸っぱさがあります。また、あどけなさで隙を見せる魔法のスタイルでもあります。サイトリリース後、『実はツインテ-ルに心ひかれていた』という方々からの協会へ入りたいという問い合わせが数百件もありました。世の男性にとっては、それほどにまで胸を騒がせるヘアスタイルなんです」

――今後の展望などについて教えてください

「世の中にもっとツインテールを広めるために、ツインテールの流行に貢献した人を表彰する『ツインテールアワード』の実施や、ムック本の発売、イベントなどを実施したいですね。まずは『アイラブツインテール』Tシャツを発売しようと思い、準備を進めています」

サムネイル
※「アイラブツインテール」Tシャツ


日本記念日協会に申請を出し、今年から2月2日を『ツインテールの日』とする認可を取ったという同協会。もしかすると来年くらいには、ツインテールが大ブーム......ということになるかもしれない?


(山本莉会/プレスラボ)

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ