ここから本文です

斜面の上で傾き、今にも転げ落ちそうな巨大岩。そしてその前には多くの人......。そんな状況を想像したら、大抵の人は「危ない!」と思うに違いない。しかし、次の動画に登場する巨大岩は何とも絶妙なバランスで......。

サムネイル

※画像はYouTube動画のキャプチャーです



これはインドのマハーバリプラムにある「クリシュナのバターボール」と呼ばれている巨大岩。クリシュナとはインド神話に登場する英雄で、そのクリシュナが幼いころに好物だったバターボールに岩の形が似ていることから、このような呼び名となった。

サムネイル


この岩がある場所は、ちょっとした地元の観光スポット。岩の目の前で飛び回って遊ぶ子どもたちも多いという。いきなり岩が動き出すようなことがあっては大変だが、地元では「象が引っ張っても動かなかった」という言い伝えもあるようで、あまり気にしていない人たちも多いようだ。

サムネイル
※画像はYouTube動画のキャプチャーです


クリシュナのバターボールは、斜面にいくつも存在しており、どれも今にも落ちそうな形のまま止まっている。岩の形も特徴的で、丸い岩もあれば途中からスパッとカットされてしまったような不思議な形の岩もあるようだ。

サムネイル
※画像はYouTube動画のキャプチャーです


マハーバリプラムは、石窟寺院や彫刻など世界遺産も多く、見どころがたくさんある街。キルシュナのバターボールもまた、マハーバリプラムの歴史的な遺跡公園内にあるので、「本当に転がらないの?」と思う方はぜひ現地に行って、この不思議な岩を力一杯押して真偽を確かめてほしい。

(河合力+プレスラボ)

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ