ここから本文です

タレントの矢口真里と小森純が29日、都内で行われたアルバイト情報サイト「マイナビバイト」のキャンペーン「マイナビバイト プレミアム」発表会見に出席し、夫婦生活についてのトークショーを行った。先日、"ミキティ"こと藤本美貴が第一子を出産したことに触発されたという矢口からは"子作り宣言"も飛び出したが、一方の小森はふてくされ気味に「(子作り回数が)激減した」ことを明かした。
サムネイル


4月1日より実施される同キャンペーンでは、「矢口真里とカラオケの練習をしてくれる人」「小森純とお料理を作ってくれる人」「NEWなハワイ"TOP3"を探すトレンドリポーターになってくれる人」といった"夢のようなアルバイト"情報を提供。さらに参加者には1万円の「お小遣い」まで至急されるという、まさに夢のようなアルバイト体験企画だ。

昨年5月に俳優の中村昌也と結婚し、今もお互いを「まーしゃん」と呼び合っているという矢口。今回の企画についても、「わたしは普段からダンナさんとずっと一緒。カラオケもいつも一緒に行っているので、1人で練習してレパートリーを増やしたりとかする時間がないんですよ。なので、誰か一緒にカラオケに行ってくれて、そこでマスターした曲をダンナさんにプレゼントしたいと思っているんです」と、これまたアツアツなノロケっぷりを披露した。「ダメ出しとかもバンバンして欲しいですね。"ここはこう歌うとキュンと来る"みたいなアドバイスも大募集。で、そのあとはみんなで歌って盛り上がろうかなと思っています(笑)。男性の意見も女性の意見も重要ですのでどんどん応募して欲しいですね」と、当日のプランも完璧の様子だ。

サムネイル
サムネイル


一方、矢口の結婚のおよそ2か月後に、元ファッションモデルでアパレル会社経営者の今井諒と結婚した小森は、矢口たちとは裏腹に倦怠期に突入した模様。「わたしはいつも1人で料理作るんですよ、ダンナさんとか全然手伝ってくれないから。そうするとなかなかレパートリーが増えないままなので、誰かとおしゃべりしながら料理を作る、その時間を大切にしたいですね」と、"話し相手"も募集したいようだ。いつもブログに料理の写真を載せるなど、料理好きで知られる小森だが、「ダンナさんのため、っていうよりは自分が好きだから(笑)。和食も好きだし、イタリアンでもなんでも作りますね」とドヤ顔。「ほら、私たち7年も付き合ってるから。段々なあなあの関係になってくるんですよ」と若干ふてくされ気味にコメントし、集まった報道陣を笑わせた。

サムネイル
サムネイル

2人とも結婚してもうすぐ1年ということで、話題は自然と子づくりの話に。矢口は、同じモーニング娘。の元メンバーで、先日お笑いタレント・庄司智春との間に男児をもうけた藤本について、「本当にうらやましい。ミキティ、チョー幸せそうなんですよ。彼女を見ていると、"結婚のさらに上の幸せってあるんだなあ"って思いました」と目を輝かせながらコメント。小森も、「庄司さんの会見も良かったよね。"ベビティー!"とか叫んでてチョーかわいい!」とテンションが一気に跳ね上がり、記者から「子どもができたら、(ダンナさんとの関係も)良くなるのでは?」と振られると、「そうっすかね。じゃあウチも早く頑張んねぇと。親を早くおジイちゃんとおバアちゃんにしてあげたいんですよ。孫の顔を早く見せてあげたいっていうか......。まあ、予定は未定ですけどね、だってこればっかりは授かり物じゃないですか」とコメントした。さらにドリームモーニング娘。も一段落した矢口から、「これから作り放題です」と、負けずに「子づくり宣言」まで飛び出すと、小森も「うちは週2回から月1回に激減したけど、離婚だけはぜってーしねえから!」と、得意の豪快キャラで応酬した。

サムネイル
サムネイル

(取材・撮影/黒田隆憲@H14+HEW)

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ