ここから本文です

俳優の浅野忠信や、世界の歌姫リアーナの出演でも話題の映画『バトルシップ』(4月13日公開)。その記者会見が2日に開催されたが、会場は映画の記者会見としては異例となる、神奈川県・米海軍横須賀基地に停泊中の航空母艦「ジョージ・ワシントン」でおこなわれ、浅野とリアーナのほか、主演のテイラー・キッチュ、スウェーデン出身の俳優アレクサンダー・スカルスガルド、女優でモデルのブルックリン・デッカー、そして監督のピーター・バーグが出席した。

サムネイル

ハワイ沖に突如出現した謎のエイリアン侵略舞台と、アメリカをはじめとする世界各国の軍隊および日本の自衛隊が集結した「世界連合艦隊」の壮絶なバトルを描いた同作。ユニバーサル映画100周年記念作品にふさわしいスケールで描いたエンターテインメント超大作だ。

アメリカ海軍の空母のフライトデッキで記者会見を行うというのは、今回が日本で初めて。そびえ立つ艦橋のふもとには戦闘機も配置され、セーラー服を着た本物の米兵たちが見守る中、日米の豪華キャストが顔をそろえるとあって海外のメディアの注目も高く、会場には国内外から150名以上の報道陣が集まった。

サムネイル サムネイル サムネイル

監督のピーター・バーグは、「この映画の構想を思いついたのは僕がまだ少年だった頃。親父も根っからの軍事オタクで、親子2代そろって大好きな海軍を舞台にした映画を引っさげ、彼らの手厚いサポートを受けながらこうして記者会見が出来ることをとてもうれしく思う」とコメント。「この映画はとにかく、夏の娯楽大作として作られたものだから、子どもから大人まで、おじいちゃんやおばあちゃんでも楽しめるようこだわったよ。中でも、軍隊の描き方には細心の注意を払った。自分が軍事オタクっていうこともあったし、友人の中には実際に今、従軍している人もいるわけだからね。これを見た米兵たちが『こんなこと、実際にはありっこないよ』なんて思われてしまうような映画ではなく、『そうそう、こういうことってあるよね』って思ってもらえるモノにしたかったんだ。だから映画評論家の目よりも、米兵たちの目の方が気になったかな」と笑った。

サムネイル

2006年の『チアーズ3』におけるカメオ出演を除けば、この映画で本格的な女優デビューを果たした歌手のリアーナ。この日は黒いブラウスに黒いパンツ、黒い手袋といったシックな装いで登場し、「海軍のみなさんにとっては"ホーム"であるこの場所に、こうして私たちをあたたか迎えてくださったことに大変感謝しています」とコメント。「地球上でもっともセクシーな女性」の呼び名に相応しいキュートなスマイルを見せた。また、初めての役作りについてきかれると、「もちろん緊張はしたわ。でも撮影初日に現場へ行くと、いきなり台本にはなかったシーンを監督が撮り始めたから、正直ナーバスになる暇すらなかったの(笑)。洗礼を受けた感じね。でもとてもエキサイティングな経験だったから、これをキッカケに今後も映画には出てみたいと思う」と、女優進出への野望ものぞかせた。浅野忠信もリアーナの演技について、「もともとシンガーとしての地位を確立している人なので、現場に現れたときから独特のオーラを放っていた。そういう人は、たとえ演技の経験が少なくとも説得力があるので、僕自身は彼女について何にも心配していなかった」と絶賛した。

サムネイル

そんな浅野は今回、撮影のため自衛隊の米国海軍、両方の艦内を見学する機会があったという。それぞれの違いについてきかれると、「こんなこと言ったら怒られるかもしれないんですけど(笑)、日本人は真面目だからか自衛隊の艦内はすごくキレイに整頓されていて、それに対して米軍の艦内は、汚くはないんですけど、ところどころちょっとラフなところがあって......(笑)。コカコーラの缶がいろんなところに挟んであったりして、それを見たときには『全然違うんだなあ』と思いました」と答え、報道陣からは大きな笑いが起きた。すると監督のピーター・バーグが、「ちょっといいかな?(笑) 米国海軍の艦内はとっても(Very)キレイなんだ。けれども日本の艦内は、本当に(Realy)キレイ。つまり、『キレイ』と『よりキレイ』の違いなんだよ?」と弁解し、さらに会場は笑いに包まれた。

サムネイル

『バトルシップ』は4月13日(金)より、TOHOシネマズ 日劇ほか全国でロードショー。

(取材・撮影/黒田隆憲@H14+HEW)

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ