ここから本文です

バッファローコクヨサプライが先日発売した、USBコネクタの向きを気にせず挿せる4ポートのUSBハブ、通称「どっちもハブ」。みなさんも、USB接続の充電器やカードリーダーなどをPCにつなげようとして、裏表を間違えてイラっとしたことありますよね? この製品は、そんな悩みを解消する画期的なもの。なんとこのハブにはUSBコネクタを上向きに挿しても下向きに挿しても、問題なく利用できるんです。つまり、あの(よく見ても)わかりづらいUSBの向きを合わせるわずらわしさから解放される!

サムネイル


メーカーいわく"世界初"というこの製品。発表当初のネットでの反響はすごいものでした。例えば、

・これよく間違えるもんな~

・今世紀最高の発明だ!

・あれだけ間違えて刺しやすいUSBが全世界に普及してるってのがすごい

・1回でうまく挿せることなんてまれ。
 ひどいときは5~6回やってもダメで、USB端子とコネクタをじっくり見比べる始末

・パソコンの裏にUSBがあったり縦に配置してあったりするとますますうまく挿せないよね

もう、ホントにその通り。私も、USB挿そうと思ってうまく入らなくて、逆向きにして挿そうとしてもやっぱり入らず、結局元にもどしたら挿さった、というのが仕様だと思ってましたもん。やっぱりみなさんストレス感じたんですね。そんな大袈裟なもんじゃないですけど。

これはちょっとメーカーの人にぜひこの気持ちを伝えたい!ということで、バッファローコクヨサプライの開発担当の方にお話を伺ってみました。

―反響すごいですね。知ってますか?

「発表後の1週間は毎日ウェブとTwitter、Facebookで、どういった声があるのかチェックしていました。
正直ここまでとは思っていませんでしたね。これまで、ネットなどで見られるレビューに"挿し直す"ことのストレスについては書かれていなかったんです。だから、声にならない声に焦点を当て製品化し、ここまでの多くの声をお寄せいただいたことで、もっとユーザーメリットのある製品を開発しなければ、と身が引き締まる思いです」

―なんでこれまでなかったんでしょう?

「実はこのポートの製品化のめどが立ったのがこの数か月の間なんです」

―苦労した点は?

「コネクタの耐久度が最も懸念材料でしたが、USB規格のコネクタと同等の耐久度が実現でき、製品化用のサンプルができたときの喜びは何とも言えないものでした。
弊社ウェブページのアクセス数がすごかったと聞いたときは、うれしかったですね」

―今後の展開なんかは?

「このどっちもポートを搭載した他のカテゴリー製品の開発を進めております。どの製品もユーザーメリットの高い製品になりますので、ご期待下さい。
いつかこのどっちもポートがUSB規格を取得でき、どの製品にもこのポートが搭載できるようになると、もっとユーザーにとって便利で使いやすい環境になると思います。
きっとどっちもポートで世界中が平和になると信じています」

すごい! 最後は世界平和にまで話が行ってしまいました(笑)。それだけ、毎日のちょっとしたフラストレーションが解消されるのはいいことなんです。

実際に入手して使ってみましたが、これは本当に便利。いつもUSBを挿すときに感じる「逆だったらどうしよう」という一瞬の緊張がないんですよ! むしろ、ちょっとした背徳感さえ感じてしまうと言ったら言い過ぎでしょうか。カラバリも白、黒、青にピンクなんてのもあるので、お気に入りを1つ持っておいてもいいと思いますよ!


サムネイル
まずは普通にUSBメモリを挿してみます

サムネイル
うん、普通ですね

サムネイル
次にUSBメモリを裏っ返して...

サムネイル
挿さるのか? 本当に挿さるのか?

サムネイル
この通り! もうUSBを挿すときに運だめしをしなくて済むんですね!


バッファローコクヨサプライ「USB2.0ハブ 4ポートタイプ(どっちもハブ)」製品情報ページ


(撮影・文/H14+HEW)

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ