ここから本文です

ダンサー・振付師のパパイヤ鈴木がプロデュースしたダンス・メソッド『カズフミくん』がデジタル多用途ディスク(DVD)付き書籍として6日にリリースされた。中学体育で必須化された"ダンス"を、4つの数字を順番に踏むだけで初心者でも簡単に踊れるようになるオリジナルのダンス・メソッドが紹介されており、これからダンスを学びたい中学生や教員にとっての救いの手となりそうだ。

サムネイル

今年度から中学1、2年の体育で必須科目となったダンス。「創作ダンス」「フォークダンス」「現代的なリズムのダンス」を通じて仲間とのコミュニケーションを育んだり、自己表現の楽しさや喜びを味わってもらうことなどが狙いだが、教育現場には動揺が広がっているという。

たしかに、ダンスを専門的に学んだり、ディスコやクラブなどで親しんだことのある人を除き、「ダンスの経験は運動会のフォークダンス程度」という人が少なくないはず。とくにヒップホップなどの現代的なストリートダンスとなると、経験の乏しさから「教える自信がない」といった悲鳴が教員たちから上がるのも、さもありなん、といったところだろう。

さて、本書はそんな教員たちをはじめ、これからダンスを始めようという初心者に救いの手を差し伸べるダンスの指南書。もともとは昨年9月にiPhone用の無料アプリ版『パパイヤ鈴木のカズフミくん』としてリリースされたが、今回はデジタル多用途ディスク(DVD)付きで書籍化。アプリより書籍になじみのあるアナログ世代にも手に取りやすいのがウレシイところだ。

サムネイル

「昔、ディスコ(今はクラブっていいます)や体育の授業で、ダンスをしたけど、思ったようにおどれなかった、ばかにされた、笑われた、恥をかいた。でも、ずっとおどりたかった......この本は、そんなあなたのために作ったものなのです」(パパイヤ鈴木、本書まえがきより)

その内容はというと、パパイヤが「誰もが簡単にダンスができるように」と開発したダンスメソッドを紹介。このメソッドは、1、2、3、4と書かれた紙を、地面に正方形に置き、それを順番にふんでいくだけで、いつの間にかダンスのステップがふめているというもので、まさに"ダンスの取扱説明書"といった内容となっている。

■パパイヤステップ1 カズフミくん


■ステージモード1 カズフミくん


ツイスターゲームや"けんけんぱ"といった遊びの要領で、誰でも楽しくダンスが学べるメソッドを紹介する本書だが、学ぶ上で大切なのは「うまくおどろうとしないこと」とパパイヤ。「それよりも、いかに『自分らしく』おどれるかがポイントなのです。本書ではまず、簡単な10の基本ステップを紹介しています。それさえマスターしてしまえば、バリエーションを組んでいくだけです。実は、ダンスのいちばん楽しいところはそこなのです」。

また、本書ではダンス界の大御所である坂見誠二氏とパパイヤとの対談や、ダンスの歴史なども収録。そのほか、YouTubeでも本書と連動したお手本動画が公開されているので、こちらもチェックしてみてはいかがだろうか。

(文/H14+HEW)



【関連記事】
芸能界に広がる"ママ友の輪" ちょっと意外な交友関係も明らかに
日常に溶け込む最先端のアンドロイドロボ
動画をYouTubeに毎日投稿! 謎の男子高生「ダンテ君」の正体とは?




【関連リンク】
『カズフミくん』
著者:パパイヤ鈴木+汐留イノベーションスタジオ
発行:朝日新聞出版
定価:1,600円(税別)
公式サイト

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ