ここから本文です

ネット上にはタメになるサイトがたくさんあるが、タメになるサイトばかりを掘り続けるというのも、それはそれで疲れてしまうもの。この記事では、タメにはならないけどヒマつぶしにはもってこいのコンテンツをいくつかピックアップしてご紹介したい。


■一人バスケットボール

サムネイル

※画像は「BASKET BALL」のプレイ画面のキャプチャーです

これは「onlinegames.com」内の無料ゲーム「BASKET BALL」。ゴールまでの軌道を読んで、ただひたすらシュートを打ち続けるだけというシンプルなゲームだ。このゲームはやってみるとすぐに分かるのだが、非常に中毒性が高い。ロングシュートを決めたときは特に気持ちがいいので、ぜひいっぱい遊んでヒマをつぶして欲しいと思う。


■イライラ棒

サムネイル
※画像は「イライラ棒」のプレイ画面のキャプチャーです

これはかつてバラエティ番組で人気を集めた「イライラ棒」を再現したブラウザーゲーム。本来の「イライラ棒」は電極の付いた棒をコースフレームや障害物などに当たらないようにゴール地点まで運ぶゲームだったが、ブラウザーゲーム上でも基本的にルールは同じ。クリック禁止で、マウスの移動だけでゴールを目指す。初めは楽勝だが、次の面からいきなり難易度が上がるので、ぜひがんばって遊んでヒマをつぶして欲しいと思う。


■クイズ研

サムネイル
※画像は「クイズ研」のプレイ画面のキャプチャーです

これはテレビなどでもおなじみの早押し4択クイズがオンラインで楽しめるゲーム。問題の途中でも答えの予想が付いたら早押しで回答できるあたり、しっかりと4択クイズの面白さが反映されている。一人でもプレイすることができるが、全国のユーザーと対戦することもできるので、雑学に自信のある方は自分の引き出しを探るような気持ちでプレイして、ヒマをつぶしてみて欲しい。


■絶景くんの富士山中継
サムネイル
※画像は「絶景くんの富士山中継」のキャプチャーです

今までアクティブなヒマつぶしをご提案してきたので、最後はちょっと静かなヒマつぶしを。これは「山中湖村 観光課公式サイト」内で見ることができる富士山の中継画像。日本の名峰をただただ静かな気持ちで眺めるだけのコンテンツだ。画像は120秒ごとに更新されるが、更新されてもほとんど前との違いが分からなかったりするので、間違い探しをするような気持ちで眺めるとかなりのヒマつぶしになる。


こうしたヒマつぶしコンテンツは、いろいろと期待をするとガッカリすることもあるので、適度に脱力しながらぼんやりと眺めたり、遊んだりするのがミソだ。小難しいことは考えずに、ぜひ全力でヒマをつぶして欲しいと思う。

(プレスラボ)

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ