ここから本文です

地球上でもっとも寒い場所といえば南極大陸だが、私たちがよく見る氷河や動物たちの写真などではなかなかその「寒さ」は伝わってこないもの。しかし、次の動画ではそんな南極大陸の過酷さが十分すぎるほど実感できるのだ。



サムネイル

※画像は動画のキャプチャーです

サムネイル
※画像は動画のキャプチャーです

この動画は、南極大陸の写真を撮り続ける写真家アンソニー・パウエルの公式チャンネルにアップされたもの。アメリカの南極観測における拠点マクマード基地で撮影されている。

サムネイル
※画像は「アンソニー・パウエル公式サイト」のキャプチャーです
 

動画に添えられた説明によれば、南極の天気は大きく3つに分かれるという。動画が撮影された状況はもっとも厳しいもので、このような天候だと風速は毎秒28メートルを超え、風の冷たさはなんとマイナス60度。視界は30m先が見えなくなる状態なので、どんなに熟練の観測隊であっても室内待機はマストだ。ただし、室内であっても、設備が破損して冷気が吹き込んでくる可能性もあるので必ずしも安全とは言えないが。

サムネイル
※画像は「アンソニー・パウエル公式サイト」のキャプチャーです
 

南極大陸の幻想的な写真や映像を見て、行けるものなら行ってみたいと考える人もいるかもしれないが、現実は気軽な気持ちで行けるほど生易しい場所ではないようだ。もちろん、すべてを覚悟の上で足を運ぶのであれば、貴重な体験と感動が待っている場所であることには間違いないだろう。

サムネイル
※画像は「アンソニー・パウエル公式サイト」のキャプチャーです
 

サムネイル
※画像は「アンソニー・パウエル公式サイト」のキャプチャーです
 

サムネイル
※画像は「アンソニー・パウエル公式サイト」のキャプチャーです
 

(河合力+プレスラボ)

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ