ここから本文です

4月24日に行われた、アドビシステムズのクリエイター向けソフト「Creative Suite6(CS6)」と「Adobe Creative Cloud」の発表会。そこで同時に発表されたのが、フォトグラファーの蜷川実花とモデル・タレントのきゃりーぱみゅぱみゅによる「電子書籍アプリプロジェクト」だ。

サムネイル

アドビの電子出版ソリューション「Adobe Digital Publishing Suite」を採用し制作されるという同プロジェクト。これは、東京という街を蜷川ときゃりーが独自の視点で撮影・編集した新感覚の東京体験型アプリになるという。写真や映像の世界で多彩な作品を作り続ける蜷川が、海外からも注目を集めるファッション都市・原宿を舞台に"蜷川実花的東京"を撮り下ろす。それらの映像がマップと連動し、「蜷川〈TOKYO〉MAP」(仮)として地図アプリ機能を搭載。東京という街の写真集的な性格だけでなく、観光ガイドとしての利用も想定された電子書籍アプリとなる。

サムネイル

サムネイル

そのモデルとしてきゃりーを選んだ蜷川は「いまの東京のポップアイコンといえば"きゃりーぱみゅぱみゅ"。東京を表現するのにぴったり」と絶賛。「そんな彼女が、東京の街を案内してくれる、そんなアプリにしたいと思います」と語った。

サムネイル
きゃりーのほうも、「蜷川さんの写真は、色鮮やかで吸い込まれそうになるほど。もともと蜷川さんの作品は大好きなのですが、今回は一緒に作品作りができるといことでとても楽しみです」とコメント。

サムネイル
発表会では、蜷川が東京タワーで撮影したきゃりーの写真も披露された。ポーズを決めるきゃりーが着ているのは、東京タワーのペナントで作ったという衣装。独特の色彩感覚で彩られたポップな作品となっている。

なお、この電子書籍アプリはiTunes App Storeを通じて販売される。発売時期は今年の夏で、価格は未定。

サムネイル

(取材・撮影/H14+HEW)

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ