ここから本文です

歴史好きの間で人気が高いのは、なんと言っても新選組。中でも、「鬼の副長」と恐れられた土方歳三には多くのファンがいるが、その土方のゆかりの地である北海道函館市の五稜郭では、例年、「土方歳三コンテスト全国大会」なるイベントが行われている。

サムネイル

※画像は公式サイトのキャプチャーです

【昨年の大会の様子】

サムネイル
サムネイル
サムネイル
※画像は公式サイトのキャプチャーです


これは「いかに土方になりきっているかを競うイベント」で、今年5月19日の開催で25回目を迎える。参加者は、銃弾で打ち倒される土方の「最後の戦い」など、あらかじめ決められたシナリオに沿って、土方らしさを表現する。採点のポイントは「土方の心意気をどれだけ表現できているかどうか」。出場できるのは16歳以上の男女で、優勝賞金は10万円。必要に応じて、和装・洋装の衣装も貸し出される。

同コンテストは、もともと「ミスター土方」という名称だったが、女性の参加者も多かったため、現在の名称になった。参加者の熱意がすばらしく、なかには「私が演じないと、土方の供養にならない!」と豪語する女性までいるそうだ。いったいどれほどのものなのか、ぜひ生で見てみたいものである。

◆ 日程 :2012年5月19日(土) 13時15分~
◆ 会場 :五稜郭タワーアトリウム (函館市五稜郭町43-9)

公式サイトはコチラ>>


(プレスラボ)

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ