ここから本文です

トレンドの最前線を走るファッションブランドのカタログは、ブランドのコンセプトや商品の魅力を伝える大切な広告媒体。特にウェブカタログは最近、ウェブの特性を生かした読者参加型のインタラクティブなカタログも増えていてなかなか見応えがある。本記事では数あるウェブカタログのなかから、デンマーク生まれのデニムブランド「ONLY」のまるで青春映画のようなウェブカタログをご紹介したい!

サムネイル

※画像はサイトのキャプチャーです
 

舞台はとある郊外。登場人物はキュートなティーンエイジャーの女の子たちだ。パーティー、ドライブ、忍び込んだプール、男の子たちとのキャンプ......ここに描かれているのは、彼女たちの日常と小さな事件だ。

サムネイル
※画像はサイトのキャプチャーです

サムネイル
※画像はサイトのキャプチャーです

サムネイル
※画像はサイトのキャプチャーです


気になったシーンで画面をクリックすると、ムービーが一時停止する。登場人物が着ている洋服の上に「+」マークが示される。そこにカーソルを重ねると商品名が表れ、クリックすると商品の詳細が表示される。

サムネイル
※画像はサイトのキャプチャーです


仕掛けはそれだけではない。随所で「DRAG HERE」などの文字が現れ、見る側にアクションを求めるシーンが出てくる。アクションを起こすことでストーリーが展開するようになっている。指示が現れるのは、女性のデニムのファスナー上であったり、着替えのシーンであったり、ちょっとドキッとするようなシーンだったり......。
明確なストーリーがあるわけではないが、ドラマが進むにつれ甘酸っぱい気持ちになることだろう。こんなにおしゃれな青春時代を過ごした記憶はないという方もいるかもしれないが、自身の10代の頃の視点で感情移入すれば、もしかしたらあの頃のフレッシュな気持ちを取り戻せるかもしれない。
(草苅敦子+プレスラボ)

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ