ここから本文です

AKB48やアイドリング!!!など人気アイドルグループのメンバーが共演することで話題のホラー映画『骨壺』が26日に公開初日を迎え、舞台挨拶が行われた。AKB48の松原夏海、アイドリング!!!の横山ルリカ、SUPER☆GiRLSの宮崎理奈、AeLL.の篠崎愛らが出席し、グループの垣根を越えて和気あいあいとしたトークを繰り広げた。

サムネイル

『骨壺』は、『リアル鬼ごっこ』などの作品で知られる人気作家、山田悠介の同名短編小説が原作。「飲んだ人間は3日以内に必ず死ぬ」という都市伝説をもつ粉骨を納めた骨壺をめぐり、周囲で不可解な死が相次ぐという学園ホラーだ。

AKB48をはじめ、アイドリング!!!、SUPER☆GiRLS、AeLL.といった人気アイドルグループから主要キャストを1名ずつ起用した今作。"アイドル戦国時代"と呼ばれる現在の芸能界でそれぞれしのぎを削るライバルグループ同士だが、松原は「みんなのことは(以前から)知っていたし、雑誌とかでも見ていたので、(共演できて)すごくうれしかったです。普通にファンになった気持ち。やっぱり、ナマの方がかわいいですね」と共演メンバーを振り返りながらニッコリ。松原と同じ芸能事務所に所属する横山も「私は基本的に自分でミーハーじゃないと思っているんですけど、(篠崎)愛ちゃんも雑誌とかですごく見ていたし、(宮崎)理奈ちゃんもCMとかでいっぱい見ていたので、(共演できて)本当にうれしくて、一緒に演技ができて楽しかったです。撮影現場でもいっぱいお話しました」と、今回の共演を楽しんだようだ。

サムネイル
サムネイル

また、篠崎は「私はAeLL.(エール)というユニットなんですけど、他のグループより知名度が低いので......」と撮影前は不安だったそうだが、「皆さんすごい人気なのに気取ってなくて、良い人ばかりだったので、安心しました」と安堵(あんど)の表情。4人のうち最年少の宮崎も「私は一番年下なのでお話が出来るかな、と思ってたんですけど、皆さん本当に優しかった。松原さんはCMの歌を歌ってくださったりとか(笑)。本当にすごく楽しい現場だったで、いつも撮影が楽しみで夜も眠れなかったです」と、笑顔で振り返った。

サムネイル
サムネイル

舞台裏での和気あいあいとした雰囲気をのぞかせた4人だが、同席した永江二朗監督は「和気あいあいと皆さんしゃべっていますけど、実は撮影中は笑えないくらい追い込んで追い込んで、ツラい思いをさせながら」撮影を行ったことを明かし、「でも、くじけずに必死で4人とも自分なりに考えてキャラクターを作り上げたと思う。一番に本人たちの頑張りがあった」とねぎらう。

主演を務めた松原は「本読みの段階から結構追い込まれて不安だった」そうだが、撮影中に最も苦労したのは"寒さ"だったそう。極寒の2月に、ナマ脚の制服姿で撮影するシーンが多かったらしく、メンバーも口々に「見えないところはカイロだらけでした(笑)」と苦笑い。それでも松原は「寒さのおかげで(顔の)血色が悪くなったので(より怖い表情ができた)。(寒さを)味方にできました」と、映画初主演ながら女優魂を見せた。

サムネイル

また、宮崎は最初の撮影だったという松原の胸ぐらをつかむシーンについて振り返る。「緊張している時に(撮影に)入って、いきなり松原さんの胸ぐらをつかむということで、もう手が震えちゃってどうしようもなかった」。慣れない演技に加えて、先輩アイドルとの絡みのシーンとあって、極度の緊張だったそう。「それでも松原さんが『本気でやってきていいから』と言われたので、こうなったらやるしかないな、と思って、一生懸命にやったんですけど、泣きそうでした」と語り、さらに松原に「(胸ぐらつかんで)すみませんでした(笑)」と謝罪し、会場の笑いを誘った。

サムネイル

なお、舞台挨拶にはほかに俳優の絲木建太も出席した。

映画『骨壺』は、ワーナー・マイカル・シネマズ板橋にて上映中。全国順次公開。

(取材・撮影/H14+HEW)

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ