ここから本文です

タレントとしても活躍するマンガ家・浜田ブリトニーの「幻のデビュー前作品」など、マンガ家たちの多数の貴重な作品がWEBサイト「日本マンガ塾」にて無料公開中だ。

サムネイル

(※画像は『日本マンガ塾』のキャプチャーです)


日本マンガ塾とは、漫画やイラストの描き方を指導するマンガ専門学校。これまでに浜田ブリトニーや、フジテレビのバラエティ番組『人志松本の○○な話』出演などでも知られるゆきち先生などの漫画家を輩出している。

同サイトでは浜田のほかに、「週刊ヤングジャンプ」(集英社)で『オキザリスの旗 長宗我部元親伝』を連載中の井出圭亮や、「Sho-comi」(小学館)で『マンガのお仕事!!』を連載中の杉しっぽといったメジャー漫画誌の連載作家たちの作品を含む、プロ漫画家たちのレアな"うれしハズカシ"作品がめじろ押しだ。

現在、同サイト上で閲覧できるマンガ家の中では、やはり浜田が一番のビッグネームだろうか。マンガ家としての浜田といえば、『ビッグコミックスピリッツ』(小学館)にて、渋谷に集うギャルの生態を描いた『パギャル』(2007年7月~2009年7月まで連載)が代表作として知られるが、今回公開されている浜田の作品は、飼い犬のパグ犬を溺愛するちょっとオタクっぽくてモテナイ青年が、片思いを寄せるペットショップのかわいい女性店員から突然告白されたのをきっかけに、なぜか"モテ期"が訪れるという不条理を描いた『萌える愛犬家 富具太』というタイトルのギャグ・ストーリー。浜田いわく「ギャグマンガが大好きなのと、犬が大好きなので書いてみました」とのことで、初々しさの感じられる作品となっている。ファンはもちろん、彼女の作品を読んだことのない人にも一読の価値アリだろう。

サムネイル
(※画像はYahoo!ショッピングのキャプチャーです)


そのほか、ここでしか読めない貴重な作品や、同校の塾生たちによる作品も順次公開予定ということなので、若い才能をいち早く知りたいマンガファンは要チェックだろう。なお、パソコンだけでなく、Android端末やiPhone/iPadにも対応しており、いずれも専用アプリなどをダウンロードしなくてもブラウザー上で閲覧することが可能だ。

(文/H14+HEW)

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ