ここから本文です

修正テープ「Tipp-Ex」のCM動画が凝った仕上がりになっており、ネット上で好評を博している。YouTube上で展開されるこの動画は、実にインタラクティブな作りになっていて、ユーザーがCMの展開を自分で変えることができるようになっている。まずはご覧いただきたい。



具体的なCMの流れを説明すると、まずハンターと熊が誕生日を祝おうとする。ちょっとむちゃくちゃな設定だが、そこは突っ込まずに動画を見ていると、今度は急に空からいん石が接近。もちろんハンターと熊は大慌て。

サムネイル
サムネイル
サムネイル

ここで画面上に「END THE PARTY(パーティーをやめる)」と「DON'T END THE PARTY(パーティーを続ける)」という2つの選択肢が登場する。どちらかの選択肢をクリックすると動画の続きが見られるのだが、実はこの選択肢はどちらを選んでも展開は変わらない。おもしろいのはその後。熊とハンターはこの危機を脱するため、修正テープ「Tipp-Ex」を使って画面上のタイトルにある「2012年」の部分を消し、年号を書き変えてその時代にタイムスリップしようとする。この時、ユーザーが入力する年号により、その後に見られるシーンが変わるのだ。

サムネイル

シーンのバリエーションも豊富で、例えば、「1998」と入力すると、この年はサッカーワールドカップが開催された年なので、それにちなんだ映像が流れるようになっている。

サムネイル

※画像はすべて動画のキャプチャーです。


とりわけ、180年、1000年、6000年などは面白い構成になっているので、試しにいろいろな西暦を入れてみてはいかがだろう? この動画はシリーズ化されていて、ほかの作品もなかなか興味深いのでぜひチェックしてみて欲しい。


空欄に「eat」や「dance」と入れてみると何かが起きる!?

1度見始めるとハマってしまい長時間見続けてしまうので、鑑賞の際はご注意を。

(河合力+プレスラボ)

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ