ここから本文です

目下ブレイク中のお笑い芸人スギちゃん。先日は過労によりダウンしたが翌日には復帰し、相変わらずテレビや雑誌等でも引っ張りだこの状態が続いているスギちゃんだが、その独特なキャラクターを生かしたアプリも続々と登場している。

サムネイル

スギちゃんといえば、今年3月に放送された『R-1ぐらんぷり2012』(関西テレビ・フジテレビ系)で準優勝に輝いたことで注目を集め、デニムのノースリーブ・Gジャン&短パンという独特なスタイルと、「○○だぜぇ~」「ワイルドだろぉ~?」のフレーズとともに"ワイルド"なエピソードを紹介するネタで大ブレイク。今やテレビで見ない日はないほど活躍中のピン芸人だ。

■過去記事:『「○○だぜぇ~」フレーズも流行の兆し!? スギちゃんが大ブレイク直前!』はコチラ>>

引っ張りだこのスギちゃんと同じく、各方面から熱視線を注がれているのがスギちゃんとは切っても切れない「○○だぜぇ~」「ワイルドだろぉ~?」などの決め台ゼリフ。一般の視聴者ばかりでなく芸能人もつい使ってしまいたくなる中毒性の高いフレーズとあって、そのフレーズを生かした着ボイスやアプリはこれまでにも多数登場している。たとえば、画面上に現れるセリフをタッチするとスギちゃんがしゃべる「スギちゃんのおせばしゃべ~~る」、数字や記号を押すとスギちゃんが読み上げる「スギちゃんのワイルド電卓」、スギちゃんの画像をタッチすることでスギちゃんボイスを集めることが出来る「スギちゃんのワイルド・タッチ」、メールやブログの文章などをスギちゃん風に変換してくれる「スギちゃん変換」......などといった具合だ。

着ボイス、電卓、入力変換と来て、今回新たにリリースされたのはアラーム、その名も「スギちゃんのワイルド・アラーム」だ。どのあたりが"ワイルド"かというと、まずは指定した時刻になるとコミカルに動くスギちゃんが登場し、「ワイルドだぜぇ!」のボイスでお知らせ。アラームボイスは、「ワイルドだろぉ! 朝になったぜぇ!」とワイルドな目覚めをサポートする朝バージョンや、ハード・トランス系のダンスビートをバックに「ワイルドだぜぇ!」のフレーズを乗せたスペシャルRemixバージョンなど、録り下ろしのオリジナル4種類を用意している。また、アラームを止めるために必要な、スライドパズルや神経衰弱といったミニゲームも近日搭載予定。ミニゲームをクリアしなければアラームを停止することができないため、朝からワイルドな時間を楽しめてしまうというわけだ(ただし、ギブアップ機能は搭載)。

サムネイル
サムネイル

「人気は夏まで」とこの大ブレイクにも本人は冷ややかだが、アプリなどの関連グッズでも引っ張りだこなだけに、スギちゃん人気はまだまだ続きそうだ。

(文/H14+HEW)

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ