ここから本文です

今月中旬、倖田來未が2952gの元気な赤ちゃんを出産しましたね。「エロかっこいい」彼女が、子どもにどんな名前をつけるか? ネットでは予想スレまでたって、盛り上がりを見せています。それではさっそく、ネットユーザーの予想と最新名前ランキングをチェックしていきましょう!

サムネイル

※画像は倖田來未オフィシャルウェブサイトのキャプチャーです。


子どもの誕生について、公式サイトで「とっても小さな 小さな体ですが とっても大きな 大きな存在です」と喜びを語った倖田來未。8月1日にはニューアルバムのリリース、11月にはライブと、出産後の音楽活動も積極的に繰り広げる予定。また、ベストジーニスト賞、ネイルクイーンなどファッションアイコンとしても、注目を浴びてきた倖田。
そんな彼女なら、きっと自分の子どもにも斬新でかわいい名前をつけるのでは?という予想が繰り広げられています。

可愛姫(キューティ)
美旋律(メロディ)
音楽(ミュー)
心優人(ハアト)
輝歌姫(キセキ)
愛歌(ラブソング)

いかにも倖田來未の子ども! と思ってしまうほど、彼女の歴史を垣間見ることができるような名前ばかりですね。
そして、予想では上記のような「キラキラネーム」が大多数。キラキラとしたかわいい当て字は彼女にピッタリかもしれませんね。

さて、最近、名前の話題のときによく聞く「キラキラネーム」ですが、初めて聞いたという人のために少し説明しましょう。
キラキラネームとは、漢字だけでは正しく読めないような、当て字の名前のことを指します。

緑輝(さふぁいあ)
月(あかり)
火星(まぁず)
今鹿(ナウシカ)

思わず「ほー」と感心してしまう当て字ばかりですね。

ちなみに去年2011年の名前ランキングには

■女の子1位
陽菜(ひな、はるな、ひなた)
結愛(ゆあ、ゆうあ、ゆいな、ゆめ)

■男の子1位
大翔(ひろと)

といずれもキラキラネームが人気。

ですが、これからママになる女性には注意してほしいことも。それが"過度なキラキラネーム"です。

先月YAHOO!知恵袋に「私の名前は、キラキラネームです」という質問がされ、話題になりました。

要約すると、
・投稿者の名前は平仮名にしても人名ではありえない名前
・声に出して呼ばれると誰もが振り向くほど
・やさしい友人が新しい名前を考えてくれた
・しかし、両親にばれて怒られる
・それでも、今まで名前のことで悪口を言われたこともある投稿者は、どうしても両親に謝る気にはなれないが、みなさんはどう思いますか
というもの。

これにネットユーザーも
「お前さんが成人したら、改名するのが一番だな」
「ホントに愛して大事だから、その名前になったのでは? 名前には必ず愛と理由があります」
と、賛否両論。1000以上の回答が寄せられました。

投稿者の親も「かわいく、響きがいいから」と名付けたようです。たしかに響きのよさやかわいいという感覚も大切ですが、過度なキラキラネームは子どもを混乱させる原因になりかねませんね。

一生付き合っていくことになる"名前"。倖田來未にも、子どもの将来のことを考えたステキな名前を付けていてほしいものですね。

※参照元:明治安田生命NEVERまとめYAHOO!知恵袋

(文/金潤雅@H14+HEW)

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ