ここから本文です

少し前に「アイドル戦国時代」などと言われたようにAKB48を筆頭に、メジャーなアイドルから地下アイドルまでさまざまなアイドルたちがファンを獲得している現在。男性からだけでなく、女性から支持を集めるアイドルも多いですよね。自分の恋人がアイドルにうつつを抜かしているのを見て、やきもきしつつも「気づいたら自分もハマっていた」なんて人も少なくないのでは?

女性にとって、恋人がハマっても許せるアイドルと許せないアイドルの境界線はどのあたりにあるのでしょうか。女性たちに、「彼氏がハマっても許しちゃうアイドル」を聞いてみました。

サムネイル

【AKB48】

「知らない人はいないし、ヘビーローテーションとか知っている曲もけっこうあるから」(26歳)
「国民的人気のアイドルに嫉妬しても仕方ない」(27歳)
「こじはる(小嶋陽菜)やしのまり(篠田麻里子)は女の子から見てもかわいい。男子が望む『女の子らしさ』のお手本になる感じ」(24歳)

ドライブやカラオケなどで自分の知っている曲が流れるのはOK、というような発想でしょうか。一緒に盛り上がることができるなら、確かにアリかも。また、女子として「お手本になる」という意見もありました。

【ももいろクローバーZ】

「曲はよく知らないけど、なんかアイドルっぽくないから大丈夫」(21歳)
「彼よりも、むしろ私がハマってます」(25歳)
「汗びっしょりになりながらのライブ映像は思わず応援してしまう。でも幼さが残る10代の女の子たちなので、彼が本気で『つきあいたい』と思っていたら引くけど......」(27歳)

人気急上昇中のももクロこと、ももいろクローバーZ。サブカル層やプロレス好きにファンが多いことでも有名です。アイドルというより体育会系のノリが、女子からも敬遠されない理由なのかも?

【ハロプロ系】

「過去にモーニング娘。が好きだったので」(24歳)
「AKB48よりハロプロを応援している人の方がミーハーっぽくなくていい」(21歳)
「実力と安定感があるので、ハロプロ好きは見る目があると思う」(26歳)

今の20代~30代にとって、大人数アイドルグループの先駆け的存在だったのが「モーニング娘。」。あのころの盛り上がりを共有できる彼に対しては、何か連帯感のようなものを感じるのかもしれません。

【ハマり方の度合いによる】

「どのアイドルとかじゃなくて、その趣味を押しつけられなければ許せる。逆に押しつけてくるようだったら無理」(22歳)
「そのアイドルにハマっていることを隠されていたらイヤ。言ってくれるならいい」(23歳)
「お金を大量につぎ込む......というようなハマり方はちょっと......」(24歳)

まあ、多くの女性が「ハマり方の度合いによる」というのが本音と言えそうです。

逆にハマっていたらイヤなアイドルとして名前が挙がっていたのは......。

「Perfume。かっこいいしかわいいしセクシーだし、ちょっとでも比べられたら惨めな気持ちになる......」(24歳)
「アイドルではないかもしれないけれど、きゃりーぱみゅぱみゅ。私自身がファンなので、彼氏に『きゃりーぱみゅぱみゅってかわいいよね』って言われたら『きゃりーの何がわかるの?』って言ってしまいそう(笑)」(20歳)
「私立恵比寿中学など、平均年齢が15歳以下のアイドル。ちょっと若すぎるので」(27歳)
「韓流アイドル。スタイルが良すぎるので、劣等感を感じてしまいそう」(24歳)

さまざまな意見がありますが、「彼氏がハマっても許せるアイドル」には、お手本にしたくなるような魅力があったり、思わず応援してしまうような一生懸命さがあったりするようです。セクシー度が高かったり、逆に幼すぎたりするとNGなのかも。男性に対して、「彼女がハマっても許せるアイドル」も聞いてみたいところです。

(くわ山ともゆき+プレスラボ)

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ