ここから本文です

地方から上京してきた女性が気にする、ついうっかり出てしまう方言。でも、方言って意外に人気があって、「方言彼女。」なる番組まで作られているほど。果たして男性陣は方言を話す女性のどこに萌えているのでしょうか。 サムネイル

http://hougen-kanojo.jp/をキャプチャーしました。



■意外性にドキッ! 

方言にキュンとくる男性の多くはそのギャップに萌えているようです。普段はきっちりした印象の女性が時折みせる素の表情。それと同じで、何気ない会話の中でつい口をついた一言がたまらないのだそう。

「話していて、相づちとかに方言が出ちゃったりするとかわいい。『そうなんやぁ』とか。そしてそのあとの『しまった!』みたいな顔もかわいい(笑)」(28歳)

確かに相づちくらいだと、狙ってない天然っぽさがより強調される感じがします。


■素朴な愛らしさ

都会的で洗練された女性も魅力的ですが、やっぱり男子たるもの、ピュアな女の子というのは別格のよう。方言を話す女の子に、そんなスレてない印象を持つ男性は意外に多いみたいです。

「自分も地方出身だからか都会育ちの女の子ってなんか苦手。自分でも気づかずに少しなまっている女の子を見ると、親近感がわきます。告白とかされてみたい」(31歳)

地域問わずお国言葉には癒やし効果があるようです。


■キツくしかられたい! 

広島弁や播州弁など地方によってはかなり迫力のある方言もあります。いわゆる任侠映画などで使われているおなじみの言葉がいい例。コワモテのおじさんが使うと怖いですが、女の子が話しているのはなんとなくキュート。あんなふうに叱られたいとひそかにたくらむ男性もいるようです。

「広島弁で怒られたい。冗談っぽく『あんた、たいがいにせぇよー』とか(笑)。できればかわいい子だとなおさらいい」(26歳)

M的願望の男性にはたまらないのかも!? 


■ミステリアスに感じる

普段聞きなれない言葉を話している姿はちょっとだけ神秘的。地方によっては独特のイントネーションや一度聞いただけでは理解できないものもありますよね。よく知っている女の子ならなおさら、自分の知らない一面にドキっとしてしまうのだそう。

「沖縄出身の彼女が実家の両親と電話で話しているのを見たとき、会話がまるで理解できなかった。なんか異国の人みたいで妙にドキドキした」(26歳)

ある意味、バイリンガルな女の子と接するような感じでしょうか。


gooランキングによる「方言がカワイイと感じる人の出身県ランキング」では、1位に京都府、2位に大阪府、3位に福岡県と西日本の方言が特に人気があるようです。とはいえ、常に方言全開で話していたのでは効果も薄れてしまいます。あくまでさりげなく会話に挟むことで、意中の男性を虜にできるかもしれません。

(板橋不死子+プレスラボ)

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ