ここから本文です

「婚活」と言う言葉が出来て数年。今まさに婚活真っ盛りという人は多いでしょうが、反対に、何らかの理由で婚活を辞めたという人もいるはず。婚活適齢期ともいえる(?)、30代男女に「婚活を辞めた理由」を聞いてみました!

サムネイル
まずは女性の意見から......

■男性の経済力アピールにうんざり

結婚相手探しの場となれば、当然ながら重要になる経済力アピール。となると、婚活イベントでは経済力に自信のある男性と出会うことも多くなるわけですが、それが女性の気持ちを冷めさせてしまう原因にもなるようで...

「会った瞬間から『一流企業に勤めています』と言ってきたり、こちらの仕事も聞かずお金持ちアピールばかりされたり。経済力はもちろん大事だけど、まずは普通の会話をしたいです!」(32歳/女性)

お金の前にお互いの相性ということですよね。男性も「経済力をアピールしなければ」と力が入り過ぎているのかもしれません


■婚活の場には内気な男性が多いような......

婚活イベントが流行したことで、いわゆる出会いが少ない人や、日常生活でなかなか積極的にアプローチできない人が出会う機会が増えたわけですが、それが逆に婚活から足を遠ざける理由になることもあるようです。

「婚活イベントで出会う男性は、内気な人や草食な人ばかり。結婚相手は頼りがいのある男性がいいし、内気な男性もあまり得意ではないので、次第に参加しなくなった」(33歳/女性)

確かに肉食系男性はイベントを利用しないかも......。男性には耳の痛い話です。


■「結婚したくて必死」と思われるのが嫌になり......

"結婚相手を探す場"という分かりやすい設定が、かえってマイナスになることもしばしば。婚活に参加することで、女性のプライドが傷つくという意見も多いようです。

「相手の男性から『結婚したくて必死なんだな』と思われている気がして......。確かに結婚はしたいけど、そんな風に思われてまで結婚相手を探すのが嫌になった」(34歳/女性)

結婚相手って、必死になって探すものでもないですもんね。それでいい人が見つかるなら話は別ですが。


続いて、男性の意見です。


■婚活の場は、女性の審査が厳しくなる気が...

結婚を見据えて出会うわけですから、当然男性への要望は高くなるのですが、それが婚活撤退の理由になることも。

「結婚を意識していると、女性は『この男性に何か欠点はないか』とマイナス部分ばかりを探す傾向にあると思う。仕事や年齢、性格など、とにかく合格の基準が高い人ばかりで辛くなった」(34歳/男性)

審査基準が高すぎるとなかなかうまく行かないですもんね。気軽な出会いの方が、意外とあっさり相手を好きになれる気もします。


■かえって相手の本性が見えにくくなるような...

結婚相手を探す場となれば、当然ながらマイナスイメージになるような言動は避けたいもの。特にその意識は女性に多いのか、男性からは以下のような声が挙がりました。

「婚活イベントでは、女性のほとんどが『教科書通りの対応』をしているように感じてしまった。だから相手の素顔が見えてこないし、いつまでたっても本音で話している気がしない。結婚を意識するからこそ、素顔が知りたいのに」(31歳/男性)

自分をよく見せようとしてしまうのは仕方がない気もしますが、不安を感じるという声も確かにうなずけます。


婚活がもたらす効果は人によって一長一短。婚活で幸せをつかめるかどうかは、当然ながら人によるということでしょう。自分が婚活に向いているかいないかを、早めに見極めることが大切かもしれませんね。

(河合力+プレスラボ)

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ