ここから本文です

日本のポップカルチャーをけん引する街、原宿で、9月22日・23日、全会場無料の音楽・ファッションの祭典「HARAJUKU KAWAii!! FES 2012」が行われた。各所でさまざまなイベントが催されたが、中でも注目を集めていたアストロホールのライブに密着した。

トップバッターを飾ったのは南波志帆。「マジック・ヴォイス」と評されるその個性的な声で観客を魅了。まさに「KAWAii」にふさわしい世界観を見せつけた。また今年7月にリリースしたシングル『髪を切る8つの理由。』も披露し、10代とは思えないその堂々たるパフォーマンスに今後の期待値はさらに高まった。

サムネイル

ライブ終了後のインタビューで、彼女はこう語っている。
「トップバッターってことですごく重大な任務。お客さんがいなかったらどうしようと考えてたんですけど、予想以上にたくさんの方が来て盛り上がってくださってよかったです。今はライブをしているときが楽しくて、音楽が届いている感覚もすごく伝わるし、いろんな土地で待っててくださる方がいるので、これからは全国ツアーもしてみたいですね。でも、ここ(原宿)はけっこうお洋服買いに来たり、お友だちと来たりしていますし、こういうイベントも出ていきたいと思ってます!」

サムネイル

■南波志帆 セットリスト
1. こどなの階段
2. 天国のキッス
(MC)
3. ごめんね、私。
4. 少女、ふたたび
(MC)
5. 髪を切る8の理由

サムネイル

続いて登場したのは、アメリカ生まれ大阪育ちのK系ガールこと bomi(ボーミ)。その声量を生かしたエネルギッシュかつアップテンポな楽曲をはじめ、安定した歌唱力にマッチするメロウな歌いぶりに、ただただ圧倒された。

ライブ中のMCでは、 bomiと人気ブランドKastaneがコラボしたグッズが売られていることを告知。そしてライブ中にはスタッフがステージに乱入するなど、見どころ満載だった。

■ bomi(ボーミ) セットリスト
1. PANIC☆アルバイター
2. 薄めのプリンセス
3. PPP...
(MC)
4. Mr.&Ms.Boring
5. 麹町のスネーク
(MC)
6. キューティクル・ガール

サムネイル

今回唯一の男性アーティストとなったRAM RIDER。安定した「電脳世界」に引きこまれた。またエッジの効いたVJも見物で、『GOOD BYE』では漫画『モテキ』(講談社)の名シーンをコマ送りにするなど、目と耳が楽しめる時間を提供してくれた。

■RAM RIDER セットリスト
1. GALAXY
2. No Continue~Goodbye~非実在ガール
3. Memory~放課後サスペンス~ユメデアエルヨ~Sun Will Shine
4. HELLO
5. Sun Light Stars


続いて登場したのは、パスピエ。2009年に東京芸大出身の成田ハネダを中心に結成され、瞬く間にその知名度は高まった。6月にはセカンドアルバム『ONOMIMONO』もリリースし、今もっとも勢いに乗っているバンドだ。

そのバックグラウンドの影響か、音楽にとどまらずTシャツや缶バッジ、ステッカーなど各種グッズも手掛けるその才能に、女性ファンも多い。

ライブ終わってまもなく、ボーカルの大胡田なつきにインタビューした。

「会場がみんなかわいい人たちでいっぱいで楽しかったです! お客さんたちの顔もよく見えました。私実家が静岡なので、原宿に来るっていうと『お買い物! お出かけ! 竹下通り!』みたいなイメージがあったんですよ。ザ・都会! っていう。そういうイメージがあったので、いまこうして原宿でライブをしているっていうのはちょっと不思議ですごく楽しかったです」

■パスピエ セットリスト
1. 電波ジャック
2. チャイナタウン
3. 脳内戦争
(MC)
4. 気象予報士の憂鬱
5. トロイメライ
6. 最終電車

サムネイル

そして会場が超満員になり、「萌(も)えキュンソングを世界にお届け」するでんぱ組.incが登場した。秋葉原を拠点に活動し、メンバーそれぞれが自分の趣味に特化したコアなオタクである。ホール全体がひとつとなりそのパフォーマンスを全身で受け止めた。

■でんぱ組.inc セットリスト
1. わっほい?お祭り.inc
2. 強い気持ち・強い愛
(MC)
3. キラキラチューン
4. Future Diver
(MC)
5. くちづけキボンヌ

サムネイル

トリを飾ったのはバンドじゃないもん!。10月3日にメジャーデビューを予定している、乗りに乗ったツインドラムのアイドルユニットだ。ライン部中には「私たちのためにあるような言葉ですね!」と「HARAJUKU KAWAiii」に出演していることを自信満々に語った。

■バンドじゃないもん! セットリスト
1. バンもん!のテーマ
(MC)
2. 歌うMUSIC
3. ショコララブ
(MC)
4. パヒパヒ
5. Back in you

(文=くわ山ともゆき+プレスラボ/撮影=アソビシステム、林聡宏)

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ