ここから本文です

いまや音楽シーンで確固たる人気を誇るK-POP。期待の新星が続々とデビューするなか、新たな4人組のバンドが日本でデビューします。特徴的なのは、なんと彼らのバンドには"まだ名前がない"こと。バンド名を公募しファンに名づけてもらうという異色のバンド、彼らの魅力に迫ります。

サムネイル
メンバーは左からヴォーカル Chacha(チャチャ)、ドラム Y(ワイ)、ギター Do Hyun(ドヒョン)、ベース Sang Eun(サンウン)の4人組。
韓国出身の4人は平均身長180センチ、平均年齢21歳、全員が作詞作曲を手掛けられるという、注目のテクニカルバンド。

■彼ら自身が語る「バンドの魅力」とは
‐Y(ドラム・リーダー)‐
お互いの呼吸を演奏と歌で表現し、すべての音をライブで出すのもバンドならではの魅力。
‐Sang Eun(ベース)‐
ステージの上で観客と疎通し、熱狂すること。歌を作る時にも喜びを感じる。すべてが魅力的。
‐Chacha(ボーカル)‐
一言で表現するならバンドは"ジェットコースター"。乗る前のドキドキ感、落ちる直前の緊張感、そしてスリルと楽しさを同時に感じられる。また、乗った後は心が軽くなって、気分がスッキリしていろいろな感情を感じられる。そしてまた乗りたくなる。瞬間の余韻が長い間、脳裏から消えないジェットコースター。
‐Do Hyun(ギター)‐
バンドとは生きている音楽。与えられた時間の中ですべての状況を自由奔放に変えられるのはバンドだけ。その変化の中で観客と疎通すること。それが僕が感じるバンドの魅力、また求めていることでもある。大好きなメンバーと一緒に一つを作っていくということもバンドの大きな魅力。

■メンバーからみた、それぞれの隠された素顔とは!?
サムネイル
‐Y(ドラム・リーダー)について
(Sang Eun)すべてが正しく、定石。だから絶対に成功すると思う。たまに正し過ぎて「ここまでやる?」と思う時もあるけれど...。
(Chacha)寡黙な人に見えるけど、それは絶対違う。楽しくて遊び好きで自由な人だが、自分をコントロールできる格好いい人。
(Do Hyun)どんな状況でも感情に振り回されずに常識的に解決する。黙々と他人に配慮する彼の姿を見ていると、自分の悪い習慣やミスに気づかされる。さすがリーダー。

(何かに例えると)
「ナイフ」何をやるにしてもしっかり切る。
「頭」頭がないと体がすべてマヒする。Yは僕たちをコントロールできる人。
「大人」僕が小さい時にイメージしていたいろいろ学ぶところが多い。

サムネイル
‐Sang Eun(ベース)について
(Y)いつも楽しそうにしているが、メンバーのことを気にかけ思いやりのある人。
(Chacha)普通に見ると無心な人に見えないが、笑わない時は冷たく見える顔。でも実際はすごく優しくて温かい人。
(Do Hyun)すごくユーモラス。たまに天然っぽいところもある。問題がある時、表には出さずに一人で悩む。長所でもあり短所でもある。

(何かに例えると)
「夏」暑くてイライラする時もあるけれど、一番魅力的な季節。それだけホットで魅力的な人。
「胸」胸がないと息ができない。表現は不器用だが、本当はすごく熱い胸を持っている人。
「きれいな渓谷」明るくて面白いが深みがある人。

サムネイル
‐Chacha(ボーカル)について

(Y)義理を最も重視する釜山(プサン)の男。年齢が中間なので上と下に気を遣っている。自分のやるべきことは一生懸命やる人。
(Sang Eun) Yとは正反対ですべてに柔軟な人。しかし自分が望んでいることに関しては誰よりも一生懸命で情熱的。たまに柔軟過ぎてバカみたいに見える時もある。Yと足して2で割ったらいいと思う。
(Do Hyun)いろいろなものを吸収して自分のものにできる人。僕の面倒を見てくれるのでいつも感謝している。

(何かに例えると)
「木」チーム内の二酸化炭素を酸素にしてくれる、柱のような存在。
「なまけもの」すべてにおいて柔軟だからかすごく怠けている!「後でやろうよ~」が顔に書いてある。
「画用紙」何でも描ける画用紙のような人。

サムネイル
‐Do Hyun(ギター)について
(Y)完璧主義者だから自分の思い通りにいかないとストレスを受ける。完璧なものを求めるのが最大の長所であり短所。
(Sang Eun)完璧主義者で最後までとことんやる。でも興味がなければすぐにアウト。ある意味では怖い人だが、もう一方ではおバカさん。末っ子じゃないふりをするが、その点がまさに末っ子。
(Chacha)いつも楽しそうにしていて強そうに見えるが、本当はもろくて優しい人。もちろん面白いところもたくさんある!

(何かに例えると)
「氷」冷たい時はすごく冷たいけれど、温かくしてあげるとすぐに打ち解ける。とにかく、冷たい時はすごく冷たいやつ!
「牛」自分のやること以外には興味がない。
「脚」脚がないと自由に行動できない。年下だが、僕たちがちゃんと立てるように支えてくれる。
・・・・・・

今回、バンド名を公募するにあたっていろいろな名前が集まるはず。名前をつけてもらうのはうれしいけれど......やっぱりこだわりたいところ。そこで「こんなバンド名は嫌だ」というコメントももらいました。

(メンバー一同)かわいくて女性っぽいものや長すぎるものは嫌。幼稚な名前や強すぎる名前も困るかなぁ。いろいろな意味が込められている名前や中性的なイメージがいいと思う。セクシーなイメージも欲しいな(笑)。

■最後に日本のファンに一言
僕たちの音楽を応援してください。最高のライブとパフォーマンスで応えてみせます!
早く皆さんにお会いしたいです。完成品をお見せするよりはファンと一緒に呼吸しながら完成品を作っていきたいです。僕たちの家族になってください!

今回のインタビューで彼らの魅力は伝わりましたでしょうか。「もっと知りたい」という人は彼らの演奏をチェック! そしてバンド名を投稿しよう。


~みんなのバンドの名前募集要項~
投稿締切:9月30日22時
ベスト10発表:10月5日12時
ベスト10から投票開始:10月6日12時
バンド名発表:10月15日12時
投票はコチラ>>

■関連リンク
バンド名募集!投票はコチラ>>
「みんなのバンドからメッセージ」映像
「みんなのバンド、こっそり舞台裏ショット」映像

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ