ここから本文です

ブームは一段落した印象のあるTwitterですが、リアルタイムで情報を集めるには便利だし、日常生活の一部として毎日つぶやく人も多いはず。つぶやくのならフォロワーは多い方がうれしい! ということで、フォロワーが増えるコツを、今なおフォロワーが増え続ける人たちに聞いてみました。

サムネイル

■フォロワー増体験談

「社会的なことをつぶやくと結構増える。みんなが気になっている社会的な問題について自分の考えをつぶやいたら、共感してくれる人がどんどんフォローやRTしてくれる。たまにけんかも売られるけど」(33歳/女性)
「始めたばかりのころ、特につぶやきたい主義主張もないし、ごはんツイートする柄でもなかったので、気になっているライブのスケジュールとか、欲しい本やCDの発売情報をメモ代わりに淡々とつぶやいていたら、少しずつフォロワーも増えた上に、よくふぁぼられていた」(27歳/女性)
「2000回以上RTされたことがあるんですが、そのときはそれほどフォロワー増えず。でもある作家さんに『○○さんのつぶやきおもしろい』みたいなことを1回書かれただけで100人以上フォロワー増えました」(29歳/女性)
「Twitter上でカリスマ的な人気がある人と絡んだときはフォロワー数が増えた。単にフォロワー数が多いだけではなく、アクティブにTwitterを楽しんでいる学生みたいな若いフォロワーが多い人だとよく増えたような」(26歳/女性)
「有名なミュージシャンにたまたまフォローされたら、それだけで一気にフォロワー数が増えた。特にコメントで自分のアカウントが言及されたわけでもないのに」(25歳/女性)
「去年の震災のとき、みんなが地震の情報やなんかをデマも含めてヒステリー的にRTしていた時期があって、そのタイミングで空気を読まず下ネタがらみのツイートをしたら、フォロワーの多い有名人に次々RTされ、一晩でフォロワー800人くらい増えていた」(29歳/女性)

哀しいかな、フォロワー急増の一番の要因は「著名人」にフォローやRTされること。やはり一気に増やすには、有名人の元に届くようなインパクトのあるツイートをするしかないのかも。

ただし、どんなにイイことをつぶやいても、フォロワーを増やしたかったらやっちゃいけないこともあります。

■こんな人はフォロワー減りますよ!

「注目を集めるために、やじを飛ばしたりあおったりするようなツイートをする人。結果的に今いるフォロワーを減らすことになる」(30歳/男性)
「無作為にフォローしまくって、フォローを返さない人から順にフォローを外す人がいるけれど、すごく感じ悪い。あと、一度フォローしまくった後、フォローを返した人も返さない人もフォローを外し、フォロー数に比べてフォロワー数が多いように見せかけているマスコミ関連の男性がいて、『せこすぎる』と思った」(27歳/女性)
「フォロワー少ない人の、毒舌ツイートとか『世相を斬る!』みたいな徒手空拳ツイートをよく見かけますが、誰も読んでないところで立派なご意見をいくら書いても、相当文才がないとフォロワー増えないと思うので、最初は『役に立つ情報ツイート』とか『おもしろツイート』を書くようにして、フォロワー500人くらいになってから鋭い意見でも何でも書いたらいいと思います」(29歳/女性)
「タレントに暴言めいたリプライをして、そのタレントからRTされると『タレントが一般人に本気で反応するな』みたいなことを言う人いますよね。みっともない!」(26歳/男性)

少々辛口な意見もありますが、平和にTwitterを楽しみたい人は、他人をおとしめたり不快にさせたりするようなツイートや行為は控えましょうね。

ところで、フォロワー激増中の女性に何かいいことはあったか聞いてみると、「特にないです。ダジャレとかくだらない話もみんなに読んでもらえるのはうれしいのですが、2ちゃんでアンチスレも立ったし、金にもならないし」(29歳/女性)、「フォロワー数が何千人といるのに、つぶやきが1つもRTされないことが続くとそれはそれで悲しい」(30歳/女性)、「『フォロワー数多いのにつぶやきはフツーですよね(苦笑)』みたいなコメントが来ることもあります」(24歳/女性)と、悲しい回答が。どうやらフォロワーが増え過ぎるのもラクじゃないようです......。

(草苅敦子+プレスラボ)

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ