ここから本文です

20~40代の男性100人を対象に、元カノにやってしまった"未練がましい行動"についてのアンケートを実施。では、さっそく見ていきましょう。

サムネイル

まずは"未練がましい行動"が良い方向へ向かった例から。

「別れた後もFacebookを通して、誕生日などにメッセージを送っています。今の所、普通に喜んでいる様なので、たまにやり取りしています」(29歳・男性)

一度は好きになった相手。別れても友情関係が続くのは、理想的かもしれませんね。
ただ、良い方向へ向かうのはまれのよう......。

ここからは、悪い結果を招いてしまった"未練がましい行動"を紹介します。

もっとも多かったメールに関するエピソードから。

「何度かメールを送った。ただひたすら断られただけだった」(21歳・男性)
「本心をつかみきれず、しつこくメールしたらストーカー扱いされた」(37歳・男性)

別れるまでは毎日のようにメールをしていた相手。ついつい送りたくなってしまいますよね。でも、逆の立場からすると正直面倒くさいしちょっと恐くもあります......。

怖いといえば、こんな意見も。

「元カノの仕事場でまちぼうけ」(39歳・男性)

会いたい気持ちはわかるけど、仕事が終わって元カレがいたら迷惑だし怖い......。これは結構アウトな気がします。

一方こちらは、"未練がましい行動"が原因で痛い目にあったという例。

「元カノに電話したら、『今カレがこっち見てにらんでるの』と電話を切られた。3年半後、もう一度会いたいと言ったところ、元カノは今カレを連れて来た。飲まされ歩かされ、今カレの友だちまで呼んで、侮辱的な言葉を浴びせられ、お金まで持っていかれた」(38歳・男性)

ひどい経験ですね。とはいえ、3年半後に「もう一度会いたい」は引きずりすぎな気も......。

いかがだったでしょうか。別れはつらいものですが、好きな人を思うなら黙って身を引くのも愛情かもしれませんね。と、ここは大人な意見で締めさせてください。

<アンケートデータ>
期間:2012年9月12日~9月14日
対象:20~40代男性 100人

(文/金潤雅@H14+HEW)

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ