ここから本文です

文化庁が、16歳以上の男女3500人を対象に行った世論調査によると、76.5%の人が「にやける」を「薄笑いを浮かべている」と間違って解釈していたことが判明! ほかにも間違えやすい日本語がズラリ。あなたは、正しく使ってますか?

サムネイル

・「にやける」
冒頭に紹介したこの言葉。「なよなよしている」というのが本来の意味です。漢字では「若気る」と書き、「若気」が「男色を売る若衆」を指す言葉であることから、「男が女のように色っぽい様子をしたり、なよなよしている」という意味になりました。「ちょっと私のこと見て、にやけないでよ」なんて使い方は間違っていたんですね。

・「割愛する」
「こちらは割愛させていただきます」と、日常でよく耳にする言葉ですが、65.1%の人が「不必要なものを切り捨てる」と間違って解釈していました。正解は「惜しいと思うものを手放す」。語源は「愛する心を断ち切ること」。そのため、「割愛させていただきます」というときには、「本当は省略したくないけど残念ながら省略せざるを得ない」というニュアンスも含まれています。なんだかステキな日本語ですね。

・「失笑する」
60.4%の人が「笑いも出ないくらいあきれる」と解答しましたが、正しくは「こらえ切れず吹き出して笑う」。「失笑を買う」が「愚かな言動のために笑われる」という意味なので、ここから「失笑」の意味も「あきれる」と勘違いしてしまった人が多いのかもしれません。ちなみに、さげすんで笑うことは「冷笑」というのが正解です。

今回の解答のほかにも、意味を間違えやすい日本語はたくさんあります。

気が置けない→○気楽に接することができる
          ×気が許せない

げきを飛ばす→○自分の主張を広く人に知らせて同意を求める
          ×元気のない人に刺激をあたえる

姑息→○その場逃れ
     ×卑怯(ひきょう)

すべからく→○当然......すべきだ
        ×すべて

姥桜(うばざくら)→○盛りを過ぎても奇麗な女性
            ×盛りが過ぎてしまった女性をマイナスに表現

みなさんはすべて正しく答えられましたか? 言葉というものはときがたつにつれて少しずつ本来の意味からかけ離れて使われることもありますが、正しく理解して使っていきたいものですね。

参照元:NHK NEWSWEBがんばれ凡人!語源由来辞典

(文/金潤雅@HEW)

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ