ここから本文です

2012年夏、巨匠リドリー・スコット最新作であるSF映画『プロメテウス』は、本作の吹き替え声優として女優の剛力彩芽さんを起用した事でも話題に。今回、作品中では語られなかった"謎"が明らかとなり、さらに注目されています。

サムネイル

映画『プロメテウス』は<人類の起源の謎を解き明かす>という内容で、劇場版ではいくつもの謎を提示したまま、あえて完結させずに公開された作品。来年1月9日にブルーレイとDVDのリリースが決定したことを記念し、このほど"謎"を解き明かす写真が公開されました。

サムネイル
劇場公開時には触れられず、非公開とされてきたエイリアンとの関係性。作品内の随所に
ちりばめられ、エイリアンファンならずとも気になった人も多いのではないでしょうか。

それもそのはず、映画『プロメテウス』は"エイリアン"誕生の瞬間を描いた、いわゆる「エイリアン」エピソード0(ゼロ)にあたる作品だったのです。

■これまで見てきたエイリアンと何かが違う?

「エイリアン」の生みの親リドリー・スコットとその製作陣が新たに創造した、誕生したばかりのエイリアンはこれまでのエイリアンとは少し違う姿をしています。
これまで「エイリアン」シリーズでは、エイリアン・クイーンや、シガーニー・ウィーバー演じる主人公エレン・リプリーとの混血なども登場したが、エイリアンの"始まり"は描かれてきませんでした。それが、今回『プロメテウス』で、その誕生の真実がついに明らかとなり、ファンの間で「やはり!」と納得の声が多くあがっているようです。

■劇場版には入れなかった別オープニング、別エンディングも展開

本邦初公開となるブルーレイの予告編映像では一瞬だがエイリアン独特のあの咆哮(ほうこう)シーンも収録されており、そのほかエイリアンのコンセプトアートやメイキングシーンなど、往年の"エイリアン"ファンには堪らない映像となっています。
また、リドリー・スコット監督が敢えて劇場版に入れなかった別オープニング、別エンディングなど映像特典や監督本人による音声解説なども盛り込まれ、ファンにはよだれもの。

さらにドキュメンタリー映像やエイリアンシリーズに登場する架空の企業ウェイランド社のアーカイブ映像など含め、約11時間におよぶ映像特典が収録されたコレクターズ・エディションや、「エイリアン」シリーズと併せて楽しめるように、シリーズ4作とメイキング集、アーカイブ集などが封入された<4,000セット数量限定版>9枚組の『プロメテウス エボリューション・ブルーレイ・コレクション』が同時発売されることも決定しており、来年の発売に先がけて早くもファンの注目を集めそうです。


■『プロメテウス』ブルーレイ&DVD
詳しくはコチラ>>
2013年1月9日(水)リリース
エリザベス・ショウ:ノオミ・ラパス、デイヴィッド:マイケル・ファスペンダー、ピーター・ウェイランド:ガイ・ピアーズ、メレディス・ヴィッカーズ:シャーリーズ・セロン他/監督・製作:リドリー・スコット2012年/124分/字幕翻訳:戸田奈津子/吹替翻訳:石原千麻
発売元:20世紀フォックス ホーム エンターテイメント ジャパン

■「プロメテウス」に関する最新情報はコチラ
Facebook>>
Twitter>> 

画像提供:(C)2013 Twentieth Century Fox Home Entertainment LLC. All Rights Reserved.

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ