ここから本文です

きゃりーぱみゅぱみゅや渡辺麻友(AKB48)がよくしている髪型としても知られるツインテールですが、実は今、男子の間で流行中。ピンとこない方も多いでしょうが、今年2月には「日本ツインテール協会」も設立され、ブームは過熱しているようです。ということで、ツインテールに熱狂する男子の声を紹介します。

サムネイル

※画像は「日本ツインテール協会」公式サイトのキャプチャーです。

まずはツインテールの魅力について、男性の声をまとめました。

「ツインテールは見た目年齢を3つくらい下げる」
「男の"守りたい"願望をかきたてる髪型。引っ張りたくなる」
「誰にでも似合うわけではないからこそ、似合ったときの感動はヤバイ」
「二次元だけの話と思われているが、非オタには本当に通じないのか、一度調査して欲しい」

二次元の世界限定でツインテールを好んでいる男子も多いようですが、「三次元でも魅力的」との主張も多数。「誰にでも似合うわけではないからこそ......」というコメントは、なかなか奥が深い気もします。

さらに今回、冒頭にも挙げた「日本ツインテール協会」の古谷完会長にお話を聞き、ツインテールの魅力を教えていただきました。

「男性の多くが大切にする、中学・高校時代の甘酸っぱい思い出。その思い出とリンクするのがツインテールです。学生時代は髪を束ねる機会も多く、ツインテールにしている学生は多いのですが、大人になるとあまりやらなくなりますよね。そのため、大人になってからツインテールの女性を見ると、ふいに若いころを思い出し、甘酸っぱい気持ちに包まれるんです」

確かに、男性の多くは学生時代の恋愛を大切に心にしまっているもの。そして、あのころのような恋愛をもう一度したいと思うもの。そんな男性の願望にツインテールが共鳴するんですね。

「決してツインテールは子どもだけの髪型ではないんです。結び位置や長さはその人の好みでどんどんアレンジしてみてください。当協会のホームページでも、ツインテールを9つのパターンに分けて紹介しています」

"ツインテール原理主義者"と呼ばれる一部の熱狂的ファンからは、「髪の結び位置は耳上15cm以上で、結んだ髪と頭の角度(通称「発射角度」)は120度以上がツインテールの定義」という意見もあるようだが、古谷会長は「自分のスタイルで気軽に楽しんでほしい」とのこと。

同協会では今後、ツインテールの写真集も販売するとのこと。女性の皆さん、ぜひ一度、ツインテールに挑戦してみてはいかがでしょうか?

(河合力+プレスラボ)

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ