ここから本文です

『第25回日本メガネ ベストドレッサー賞』の表彰式が22日、東京・江東区の東京ビッグサイトで開催され、剛力彩芽や香里奈、優木まおみらが参加した。

サムネイル

今年は芸能界部門で優木まおみ(女優、タレント)、サングラス部門で香里奈(女優、タレント)、政界部門で森本敏(防衛大臣)、スポーツ界部門で澤穂希(サッカー選手)、経済界部門で榊原英資(青山学院大学教授)、文化界部門で宮本亜門(演出家)、そして「今後メガネをかけて欲しい」特別賞として女優の剛力彩芽が、それぞれ受賞した。

プライベートで50本以上のメガネを所有し、自ら「手作りメガネ教室」に出向くほどの「メガネ愛好家」だという優木は、「"メガネベストドレッサー賞"というものがあると知ってから、『芸能界にいるうちに、いつか絶対いただきたい』と思っていたので、素直にうれしいです。テレビ番組など、オフィシャルな場ではメガネをかけることってあまりないんですが、プライベートでは毎日メガネとサングラスを持ち歩いているんですよ」と、満面の笑みでスピーチした。「メガネは、私にとってファッションの一部。レンズをあえて抜いて使用しているものもあります。アクセサリー感覚で楽しめるものなので、『私はメガネが似合わない』と思っている人にも、きっと似合うものがあるはず。そういう人にこそ、たくさん試してみてほしいです」と、メガネのオシャレを楽しみたい人たちにエールを送った。

サムネイル

香里奈は「この度はこのような賞をいただきまして、本当にありがとうございます。私にとっての"プライスレス"なものが、また1つ増えました」と、同日より放送スタートのフジテレビ系月9ドラマ『PRICELESS~あるわけねぇだろ、んなもん!~』にかけながらも、喜びをあらわにした。また、「私自身、視力は悪くないんですが、メガネやサングラスは昔から大好きでした。メガネもファッションと同じく個性だと思うので、ぜひみなさんもメガネを楽しんでください」と、モデルらしいアドバイスをする場面もあった。

サムネイル

一方、特別賞に輝いた剛力は、「かけた人が知的に見えるメガネは、中学生の頃から"憧れのアイテム"でした。サングラスも、カッコ良いオトナの女性がかけるイメージがありました。今はメガネもサングラスも大好きなので、これからもっともっといろんな柄や色にチャレンジしていきたいと思います」と、メガネを使ったオシャレに意欲を燃やした。

サムネイル

プロサッカー選手の澤は、「このようなたくさんの人の前に立つのは緊張します。国際試合に出ている方がよっぽど気が楽です」とコメント。記者から「デートのときはメガネをかけますか?」と質問されると、「最近はデートしてないですねえ」とはぐらかしながらも「今日、副賞でたくさんメガネをいただいたので、それをかけてデートできたらいいなと思います」とほほえんだ。

サムネイル

(取材・文/黒田隆憲@HEW)

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ