ここから本文です

先日放送されたクイズ番組で、SKE48松井玲奈が「ソーセージ」と回答したところ、「不正解! 正解は『ウインナー』でした」とMCが指摘。これを受け、「違いはなんだ!」とファンがぶち切れ炎上騒ぎに......。一見同じものを指すように思われるこれらの違いとは?

サムネイル

「ソーセージ」と「ウインナー」。たしかに呼び名が違うだけなのでは? と筆者も思っていましたが、実は明確な違いがあったんです。

・太さが20mm未満のものが「ウインナー」
・「ウインナー」「フランクフルト」など、肉類を腸詰めにした食べ物の総称が「ソーセージ」

ちなみに「フランクフルト」は20mm~36mmのものを指します。

さて、ほかにも「クッキー」と「ビスケット」など、呼び名が違う食べ物はいくつもあります。その違いについて見ていきましょう。

◆状態の違い

・卵と玉子

調理前のたまごが「卵」
調理されたものが「玉子」

◆作り方の違い

・カフェオレとカフェラテ

コーヒーと牛乳を同時に注ぐのが「カフェオレ」
コーヒーに泡立てたミルクを注ぐのが「カフェラテ」

◆成分の違い

・クッキーとビスケット

糖分と脂肪分が全体の40%以上なのが「クッキー」
糖分と脂肪分が全体の40%未満なのが「ビスケット」

◆季節の違い

春に食べるのが「ぼた餅」
秋に食べるのが「おはぎ」

◆目的の違い

お茶を楽しむためなのが「懐石料理」
お酒を楽しむためなのが「会席料理」

◆容器の違い

細長いガラス容器に入っているものが「パフェ」
浅く丸いガラス容器に入っているものが「サンデー」

◆含有量の違い

加工段階で一切、砂糖原料を使っていないのが「砂糖不使用」
100g(100ml)に対して糖類が0.5g未満なのが「シュガーレス」

食べる時期によって、製造過程によって、盛り付けによって......。ちゃんと違いがあるんですね。勉強になります。ただ、「シュガーレス」については、かなりショック。0.5g未満の砂糖は入っていたんなんて......。しっかり知っておくことで、生活にも役立ちそうですね。

参照元:違いの解説

(文/金潤雅@HEW)

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ