ここから本文です

2011年に放送を終了した『やりすぎコージー』(テレビ東京)。その中でも都市伝説の企画は根強い人気を誇り、番組終了間近はほぼ都市伝説を放送していたほど。はじめは「芸人都市伝説」としてお笑い要素を含んだものも盛り込んでいましたが、徐々にシリアスな話題のみにシフト。番組が終わっても、特番の『やりすぎ都市伝説』としてたびたび放送されてきました。

そしてこのたび、11月2日(金)21時から『やりすぎ都市伝説』の放送が決定。サブタイトルは「地球滅亡説まであと2か月...」。世間で話題となっているマヤ暦などを彷彿(ほうふつ)とさせる番組タイトルですが、その放送に先立ち、Mr.都市伝説こと関暁夫さんに取材を行いました。

サムネイル
―――番組のタイトルが「地球滅亡説まであと2か月」ということなんですけども......。
関:いや、2か月って書いてるけど、正直2か月どころの騒ぎじゃないんですよ。OAの数日後、アメリカで行われることがリアルに次の時代を左右する。そこの危機感をまず持ってもらいたい。夏は8月31日に『やりすぎ都市伝説』を放送して、2か月ちょっとでまた放送。ふつう、こんな時期に特番やらないでしょ。今からヤバいことになるぞっていう"警告"なんだよ。

―――今回の放送はかなり特別ということでしょうか?
関:テレビ東京の「やりすぎ」の制作陣も一丸となってる。よその番組は言わないでしょ? 本当のことを。うちらの世代は、国民をまひさせるようなメディアにだまされ続けてきたんだよ。

―――確かに、平和ボケしている感はありますよね。
関:でしょ? 今までテレビに言われていた「これが答えです」っていうのに素直に従ってきたじゃないですか。それって思考停止なんだよね。その結果、政治とか不況とか、とんでもないことになっちゃってるわけ。だけど、本当は答えを自分で見つけなくちゃいけない。都市伝説だって放送開始した当初、みんなは「ウソだよこんなの」って言ってたけど、どうやらウソじゃないなと気付き始めたんだよね。そうやって物事を疑ってみたり、答え合わせしてみたり、日常に隠されたメッセージを読み取ってほしい。

サムネイル
―――今ではインターネットもありますもんね。それによって信ぴょう性も増しましたよね。
関:そうそう。そういうデジタルデバイスを使って自分でメディアを持てる時代でしょ? だからこそ、自分らでメッセージを受け取って、自分らで検索して動いていかないと。人として未来を作っていかなきゃ時代に取り残されるよ。世界は動いてるんだから。

―――流行についていけなくて、取り残されている人もいますが。
関:流行っていうのはどっちかっていうと、国民をまひさせるものだよね。流行についてく側は実は何も考えてない。ファッションだってそうじゃん。いきなり奇抜な格好をしたって「何これ?」って言われて終わりだけど、周りがその格好をし始めたらそれが当たり前になる。時代についていけるかどうかは、流行についていけるかじゃなくて、いかに自分に嗅覚があるかなんですよ。

―――受動的な人が多い世の中ですよね。能動的に生きろ、ということなんですかね。
関:そうなんだけど、能動的でも受動的でもいないとダメ。その真ん中にいないと。思考停止してる人はすべてが偶然に起きていると思ってるだろうけど、それは違う。すべて必然的に物事が、社会が動いている。

サムネイル
―――それに気づくにはどうしたらいいんでしょうか?
関:気づくためには、まず発信してみること。今は他人とあまり関わらなくなって自分の心を封鎖しちゃってるでしょ。だけど自分がオープンになれば相手もオープンになってくれる。それがメッセージの発信や受信になって。でもそれをやらせないような社会になっちゃってるのは偶然ではなくて、必然で起こされたことなんだよ。

―――先ほどの「自分でメディアを持つ」という話ともリンクしますね。
関:そうそう。メディアを持つっていうのは、テレビを作れとかブログを持てとかそういう大げさなことじゃなくて、人と話すことでもいい。「地球滅亡」って本当にその通り、時代の転換期なんだよ。危機感を持たないとヤバいよ。賛否両論ある世の中だけど、息子・娘・孫に、未来につなぐものを作っていかなきゃいけないと思うんだよね。

―――「都市伝説」というテーマを越えて、現実的な生き方指南という話になってきましたね。
関:「ウソから出たまこと」っていう言葉があるように、いらない情報なんてないんだよ。くだらない情報から、いかにメッセージを読み取れるかが大事。だから、『やりすぎ都市伝説』をただのテレビ番組、バラエティだと思うな! っていうこと。この番組が支持されるのは当たり前、だって愛があるからね。


熱い思いを語ってくれた関さん。それだけ緊急だというメッセージが伝わってきました。情報を受け取り、調べ、どうすればよいかを判断し、動く時代。来月に行われるアメリカ大統領選から、街のふとした景観まで、さまざまなものに対してアンテナを張りめぐらせる時代が来たのかもしれません。とにかく、今回の『やりすぎ都市伝説』も見逃せませんね。

『やりすぎ都市伝説スペシャル2012秋』
11月2日(金)21:00~22:48 テレビ東京系で放送

取材・文=くわ山ともゆき
撮影=田中結(プレスラボ)

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ