ここから本文です

"彼氏の居場所が把握できるアプリ"として物議を醸した「カレログ」がサービス終了したのつかの間。なんとバージョンアップした「カレピコ」として再登場! その恐ろしい新機能とは。

サムネイル

※この画像は「カレピコ」サイトのキャプチャーです



「カレログ」とは、GPS機能を使って彼氏の居場所を特定するというアプリ。今どこにいるのかということから、スマホにインストールされているアプリの一覧までわかってしまう"鬼畜アプリ"として、物議を醸しました。

そんな「カレログ」は、炎上の末10月10日にサービスを終了......。と思いきや、「カレピコ」としてリニューアル登場していたのです!

しかも「カレログ」のようにPCを必要とすることもなく、スマホだけで操作できるなど、さらに"鬼畜"度を増して登場してしまったというから驚き。さっそくバージョンアップした「カレピコ」を見ていきましょう。

まずはユーザー登録から。

サムネイル
次にパートナーの設定をします。

サムネイル
記念日も一緒に登録しておくと、お知らせがきますよ。ここまでは「恋愛支援アプリ」っぽいですね!

しかし、問題はここから......。

サムネイル
新機能「今どこcall」を使えば、相手の場所を知りたいというリクエストを送信することができます。1日1回なら無料で使えます。もちろん、パートナーにもリクエストに答えてもいいかという確認のお知らせは来ます。が、了承すれば監視されている気分が高まり、拒否すればやましいと思われる......。どっちにしろ、リクエストされた相手にいいことはなさそうです。

サムネイル
さらに、「ピコエリア」という機能も。例えば元カノが住んでる町や歓楽街など、行かせたくない場所を登録して、相手に伝えることができるんです。しかも、こちらは相手の許可いらず。もちろん、確認することや無効にすることはできますが、それもまたケンカのタネになりそう。

また、怖いことに相手がこの場所に足を踏み入れると通知が! もうすべてがバレバレです。逃れようがありません。

ネットでは

「それだけ愛されてるってこった、彼女持ちはむしろ喜べよ」
「彼女が心配するほどモテそうだってことだよ」

という意見もありますが、
やはり圧倒的に多いのが、アプリを使う女性に対する批判の声。

「そんなに信用できない相手なら別れればいいのに」
「愛されてる自信がないやつが使う」
「人は信じられなくなったら、もう終わりだ」
「こんなアプリに頼らないと彼氏と恋愛関係を維持できないのなら、いっそ二次元にでも逃げとけ」

みなさん、"心配"という仮面をかぶった"束縛"には十分ご注意を。

(文/金潤雅@HEW)

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ