ここから本文です

アニメの世界だけだった「ネコ耳」や「しっぽ」も、そろそろ三次元の世界で動き出すかもしれません。脳波や生体センサーを用いたファッションアイテムを開発するプロジェクト『ニューロウェア』が製作した、脳波で動くネコ耳やしっぽなどのアイテムが話題になっています。一体どんなものなのか、ご紹介しましょう!

サムネイル
まずはニューロウェアが製作したファッションアイテム「necomimi」と「shippo」の公式動画をご覧ください。

■「necomimi」公式動画

どうですか、この斬新なアイテム!「necomimi」は、センサーが脳波を測定することで対象者の気分を読み取り、そのときの気分に合わせて動く仕組み。集中すると耳がピンと立ちあがり、リラックスすると耳が寝る、など、本物のネコ耳に基づいた動きをするそうです。

■「shippo」公式動画

そして、「necomimi」に続く第2弾として製作されたのが「shippo」。なんでも「necomimi」発表以来、「しっぽがほしい!」という声が続出していたとか。こちらも「necomimi」同様、その時の気分に合わせてしっぽが動くようです。動画の最後では男性も付けていますが、これはあまりいただけません......。

もちろんネットでもこの2製品に関してさまざまな意見が飛び交っています。
「女の子がしっぽ振ってくれたら素直にうれしいと思う」
「これははやる!」
「これじゃなさすぎ」
「もうやだこの国」
「面白いとは思うけど男には無用の長物だな」
「耳で止めとけよ...」

多くの人は「おもしろいけど、自分が付けるのはちょっと......」という意見ですが、なかには高評価の人もいる様子。筆者(男性)の個人的意見としては、家で彼女が付けるなら楽しそうですが、外は避けてもらいたいところ。

なお、「necomimi」は1万円前後で売られており、「shippo」についてはまだ開発中のよう。いずれ、街中で動くネコ耳ファッションの女性を見かける時代が来るのでしょうか?

(有井太郎+プレスラボ)

※参照元:痛いニュース

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ