ここから本文です

街のいたるところでイルミネーションが輝きだし、なんだかソワソワする季節がやってきました。皆さんはどこのイルミネーションを見に行きますか?
「ありふれたイルミネーションはイヤ! 胸がトキメくような特別なイルミネーションが見たい!」という方のために、女子が感激必至のイルミネーションをご紹介します。

サムネイル

10階建てのビルに出現したインパクトあるイルミネーション


毎年、冬になるときらびやかなイルミネーションがほどこされる銀座中央通りですが、今年はブルガリ銀座タワーの5周年を記念したイルミネーションが出現。ブルガリのセルペンティがモチーフの巨大な白蛇が、タワーにぐるりと巻きついているというインパクト大の代物です。

■トキメキ1:神秘的な白蛇
セルペンティ(蛇)はブルガリの代表的なアイコンのひとつ。しなやかな曲線は女性の中に眠る神秘性を呼び起こします。また、蛇は「英知」、「永遠」、「再生」といった神秘的な物語を持っているところも女心をトキメかせてくれますね。

サムネイル
まるでダイヤモンドが瞬いているかのような迫力


■トキメキ2:華やかな銀座中央通り
この銀座中央通りには有名ブランドがひしめきあい、年末のイルミネーションには特に力が入る地域。その中でもこの白蛇の存在感は格別です。

■トキメキ3:貴重な宝石コレクション
さらにブルガリ銀座タワー内の2フロアにて、「イタリア至高の輝き展」も開催されています。これはブルガリ128年の歴史から選りすぐられた名作ジュエリーを、一度に堪能できる貴重な機会です。

■トキメキ4:展覧会期間のみ一般公開
まず、4階のサローネ コンドッティ(通常はVIPのみに開放)では、大の宝石好きとして有名だった女優のエリザベス・テイラーが、プライベートで収集したコレクションを展示。これは日本初公開となります。

サムネイル
エリザベス・テイラーの出演映画『予期せぬ出来事』、『夕なぎ』、『別離』、などにも登場したゆかりの深いジュエリーが展示


サムネイル
5番目の夫リチャード・バートンから贈られた、エメラルドとダイヤモンドがあしらわれたネックレスとブローチ(ペンダントヘッドとして装着)


■トキメキ5:ブルガリの歴史
さらに、8階プライベートラウンジでは、ブルガリローマ本社に収蔵されているアーカイヴコレクションから約90点を展示。1884年の創始者ソティリオ・ブルガリの銀細工から、近年生み出されてきた代表的なジュエリーを年代別に巡ることができます。

サムネイル
幾何学的なデザインが、当時たいへんファッショナブルで斬新とされたリストウォッチ(左:1920年頃、右:1922年頃)


サムネイル
ルビーとダイヤモンドがあしらわれたこのブローチは左右2つがセットになっており、片方だけでも使用できるデザイン(1932年頃)


サムネイル
47カラットのサファイヤはドーム型のカボションカット。流線型のリボンのモチーフが珍しいブローチ(1938年頃)


サムネイル
「The Seven Wonders(7つの感嘆)」という名前の由来にもなっている、合計118.46カラットの7個のエメラルドと、合計97.61カラットの244個のダイヤモンドが連なるネックレス(1961年)


サムネイル
ブルガリのアイコンである蛇がモチーフとなっている「セルペンティ」ブレスレットウォッチ(1968年)は世界初公開。



ため息が出るようなこの豪華さ、女子にとって感涙ものですね。恋人同士でも、女同士でも、おひとり様でも、きっと特別な夜が過ごせるはずですよ。
(田中結/プレスラボ)

■ブルガリ銀座タワー イルミネーション
点灯時間:午後6時~午後12時
終了時期は未定(年内は点灯予定)

■イタリア至高の輝き展
2012年11月10日(土)~12月30日(日)
開館時間:午前11時~午後8時
ブルガリ銀座タワー4階/サローネ コンドッティ、8階/プライベートラウンジ
入場無料
11月11日(日)、13日(火)、19日(月)、20日(火)、24日(土)、29日(木)、12月4日(火)、8日(土)については営業時間が異なります。詳細はお問い合わせください。
お問い合わせ:03-6362-0100

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ