ここから本文です

王道デートといえば「ドライブデート」。大抵は男性が運転し、しかも密室で長時間過ごすとなると、助手席での振る舞いで男性からの評価が大きく変わることもあるはず。そこで男性たちに、ドライブデート中の助手席で女性にしてもらいたいことを聞きました!

サムネイル

■「ちょっと休憩しようよ」のひとこと
「ドライブで男が運転するのは当然のことだけど、『運転代わる?』と聞いてくれるとちょっとうれしい。それがたとえポーズでも。さらに、帰り道などで『疲れてない? ちょっと休憩しようよ』とさらっと言ってくれると気遣いができる人なんだなと思う」(29歳)

ポイントは「さらっ」と言うことですね。あまりおおげさに気遣われると、筆者(男性)のように器の小さい人間は「俺ってそんなに頼りないのかな?」と心配になってしまうので。

■さりげなくティッシュを出してくれる
「運転しながら食べ物を食べた後や、『ガム捨てようかな』と言ったときに、さりげなくティッシュを用意してくれると好感が持てる。使用後のティッシュを再度受け取ってゴミ箱に捨てるところまでやってくれるとさらに良い」(25歳)

ティッシュを出しただけで終わり......というパターンは多いですが、運転中は使用後のティッシュを捨てるのも億劫(おっくう)なもの。しかも使用済みのティッシュをためらいなく受け取ってくれると印象がよくなりますね。

■運転に気を遣うエリアでは静かにする
「以前、急に豪雨になったとき、こっちは視界が悪くて苦しんでいるのに、助手席で彼女が『わー怖ーい。ねえ大丈夫!?』と騒いでいて頭に来た。細い道や入り組んだ道を通るときは、空気を察して静かにしてもらえるとありがたい」(24歳)

なかなか難しそうですが、男性の表情を見ながら「今は静かにしていよう」と空気を読む力が重要ということでしょうか。こういった面はドライブに限らず、付き合う上でも大切な気がします。

■帰り道、助手席で寝ている姿にキュンとくる
「『助手席で彼女が寝るとマイナス評価』と言う男性は多いですが、僕はその逆で、隣りで気持ちよさそうに寝ている姿を見ると、妙にうれしくなります。男冥利に尽きるというか。寝ているということは、それだけ安心しているとも言えるので」(28歳)

これは賛否両論ありそうですが、気持ちは分かります。ただ、何も言わず普通に寝てしまうと反感を買う可能性もあるので、「眠くなってきちゃった」などとさりげなく言い、相手の様子を伺ってみましょう。


長時間にわたるドライブデートは、お互いの素顔が出やすいもの。だからこそ、1つの気遣いが及ぼす影響も大きいのではないでしょうか。沈黙も気にならないし、ときには2人で歌も歌えるような、すてきなドライブカップルを目指したいですね。

(有井太郎+プレスラボ)

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ