ここから本文です

最近「彼氏がプロポーズをしてくれない」と嘆く適齢期の女性たちの声をよく聞きます。「このままだと一生プロポーズされないかも......!? 」なんて、しびれを切らした女性たちからプロポーズをするのはアリなのでしょうか?「アリ派」「ナシ派」両方の男性の意見を聞いてみました。

サムネイル

【アリ派】
「女性から『結婚したい』と思ってもらえたらうれしいので。男女どちらから言っても良いと思います」(28歳/飲食)
「全然アリ。実際、嫁からの逆プロポーズで今年結婚しました。『私をあなたのお嫁さんにしてください』って、しおらしく言われたのに胸を打たれました」(30歳/翻訳)

草食男子が多い昨今、「アリ」と答える男性も多いよう。「なんで結婚してくれないの?」なんて怖い顔で聞くより、「結婚してください」とけなげに伝える方がいいのかも?

「結婚したくても、不況だし将来が不安で自信を持ってプロポーズできないから。彼女から言ってもらえたら自信がつきます」(29歳/百貨店)
「男性は、女性みたいに結婚に対して憧れを抱いている人は少ない。だから、彼女から背中を押されるくらいじゃないとなかなか踏み切れない部分もある」(32歳/機械)

結婚の意思があっても、踏み切るキッカケや自信がなく、だらだらと交際期間が延びているカップルも多そう。そんなときの彼女からの逆プロポーズは、結婚に向けて具体的な行動を起こす第一歩になるようです。

【ナシ派】
「結婚のタイミングもプロポーズも、やっぱり男からが鉄板! 女性は男を信じて、男のリードに従うべし」(31歳/広告)
「仕事の安定や、家族を養える自信がついたときなど、男には『結婚したいタイミング』があるので、それを待っていてほしいと思います」(34歳/編集)
「プロポーズは自分からカッコよく決めたい。女にプロポーズをさせてしまった時点で、男のプライドが壊れるから」(34歳/食品)

昔と変わらず、男性の3歩後ろを歩く女性を求める男性も多いよう。男女で違う「結婚のタイミング」。このズレが原因で破局を迎えることがないと良いのですが......。

「鬼気迫るものを感じてこわい。逃げたくなってしまうかも」(28歳/照明)

女性には出産のリミットもあるし、切実な問題。大好きな彼氏に「逃げたくなってしまう」なんて言われたらショックで号泣モノです。

一生に一度のプロポーズの瞬間。男性からでも女性からでも、最高の思い出にしたいですね。アリ派、ナシ派、あなたの彼氏はどちらでしょうか?

(桜まゆみ+プレスラボ)

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ