ここから本文です

Twitterでは、「#12月1日就活始動」というハッシュタグが盛り上がりを見せています。そろそろ、そんな季節なんですね。ということで今回は、先輩たちが遭遇した就職活動おもしろエピソードをご紹介しちゃいます。就職活動生のみなさん、自分が笑われる日が来ないように気をつけてくださいね。

サムネイル

■緊張しすぎて......

「説明会で、お尻からトイレットペーパーが出てなびいてる人がいたんだけど......」

説明会の前にトイレに行ったんでしょうね。ただ、どんなに緊張していても身だしなみを整える心の余裕ぐらいは持っておきましょう。

■他の人は......

「説明会に行ったら俺だけだった。人事に『寂しいでしょ? ごめんね』と言われたから『そんなことないですよ。逆にライバルがいないからうれしいです』と前向きさをアピールしたら、人事にムスっとされて『ふーん...君はそういう考えなんだ』とつぶやかれた」

就職氷河期とはいえど、企業によっては説明会の人が少なかったりすることもありますからね。一人のときこそ、人事からしっかり見られているので言動にはお気をつけて。

■それはそうなんだけど......

「説明会の最後に、社員が『何か質問ありますか?』って聞いたら、隣の人が『大体聞いたんでないです』と答えた」
「説明会で急に、『じゃせっかくなんで皆聞きたいこともあるだろうし、右に座ってる人から順番に質問して行ってください』って社員が言い出したときの、右側に座ってた人の切なそうな顔。おれはあと1週間は忘れない」

たしかに、大体説明してくれるんですけどね......。それに、面接まで行ってないのに説明会の段階で質問を用意しておくのは大変ですよね。とはいえ、人事は説明会からしっかりチェックしているもの。会社ごとの質問を用意しておくのがベストですが、せめて差し支えのない質問を2、3個はストックしておきましょう。

■横文字ってかっこいいけど

「『御社はポリティカル・リスク、いわゆる...(どうも日本語訳できないらしい)そのような事に対しては...』って言っていた人がいた」

横文字を使えば、"わかってる感"は出るかもしれませんが、社員はその業界のプロですよ! 自信がないならうかつに使わないほうが身のためです。

■言い間違い

「6、7人でソリューションを提案するグループワーク。その中の一人の女が、ずっと『市場調査』を『いちばちょうさ』って読み続けてた」

読み間違いは恥ずかしい! それにしても「いちば」って......。初めて見た単語は、読み方もしっかり確認するクセをつけましょう。

■今はそこよりも......

「『社内で社員同士付き合ってる人は、何人くらいいますか?』『社内で出会いはありますか?』『社内結婚のパーセンテージはどのくらいですか?』『何歳くらいで男の人たちは結婚していますか?』って立て続けに聞いてた人がいた」

社内恋愛も気になるところですが、まずは仕事内容や会社の質問をしましょう。就職活動は、婚活の場ではありませんからね。

■やりすぎにご注意

「人事の話が始まると、むち打ちになるんじゃないかという程、常時うなずきすぎてるヤツがいた」
「遅刻してしまった女子が、質疑応答のときに手を挙げて『あのぅっ...あたしは...うっうっ...今日説明会に遅刻してしまい...うっうっ...』と、質問はせず遅れたことについての謝罪を延々と繰り返していた」

うなずくことも謝ることも大切ですが、必要以上にやってしまうと人事も引いてしまうかも。何事も"適度"が大切ですよ。

■話し言葉には気をつけて

「60歳くらいの人事部長に『御社は放置プレイ的な方針をとっていらっしゃいますが...』みたいに言ったやつがいた。『何プレイ?』って何回も聞き返されてた」

友だち同士の会話じゃないんですから。普段使い慣れなくても、言葉使いには十分に気をつけてください!

■リクルートスーツの失敗談

「新幹線でリクスーの上着を脱いだ女。ブラジャーが真っ青だったせいで透けまくり。しかも、周りのおっさんにめちゃくちゃ見られてる」

白シャツは、自分が思っている以上に透けるものです。会社によっては、「今日は暑いので、上着は脱いでいいですよ」なんて言うところもあるので、インナーには気をつけておきましょう。

■帰るまでが面接です

「面接終わった後、近くのツタヤによってAVコーナー見てたら、さっき面接した面接官に遭遇した...」
「面接後会社を出て、すぐ友だちに電話。『感じの悪い面接官でさ~』とグチを言っていたら、その会社の人がすぐ近くを歩いていた」

家につくまで油断は禁物。面接がせっかくうまくいっても台無しになってしまいますよ。

■景気づけ?

「集団面接でやたら酒臭いやつがいたから、後で『昨日飲み会だったんですか?』って聞いたら、『面接来る前に、テンションあげるために家で焼酎飲んできた』って言ってたやつがいた。たしかにハイテンションで、やたら人事の食いつきは良かったけど...」

たしかに、適度なお酒は緊張をほぐしてくれますが、さすがに面接ではNGなのでは?「酔ってる」と思われた時点でアウトですからね。

就職活動生のみなさん、参考になりましたか? みなさんの就職活動がおもしろエピソードにならないように、しっかりと準備をして挑みましょう。

参照元:就職活動で見た凄い奴まとめサイト就職セブン

(文/金潤雅@HEW)

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ