ここから本文です

結婚を考えたときに、自分の好みの顔や外見をしている人を選ぶか、それとも顔も外見もタイプではないものの性格が良い人を選ぶか。誰もが一度はこんな議論をしたことはありますよね。先日も、「教えて!goo」で、下記のような質問が投稿され、熱い討論が繰り広げられていたのでご紹介します。

サムネイル

ある40歳の男性が、容姿は普通だけど性格がとてもいい女性と結婚を前提に付き合っていたところ、性格は今付き合っている彼女ほど良くはないかもしれないけれど、顔が非常に好みの人と知り合ってしまい悩んでいると投稿しました。すると、これを見たユーザーが賛否両論の熱い討論を繰り広げ始めたのです。

■「性格より顔」派
「面食いの人が100%タイプと呼べるような女性なんて、人生でそうそう出会えるものではない。だからすごく貴重」というものや、「時がたてば本物の愛情がそのうち芽生えるかもしれないので、それに賭けてかわいい女性と付き合ったほうがいい」という意見が寄せられていました。

■「顔より性格」派
「付き合うなら見た目でもいいけど、結婚はフィーリングと性格です」という意見が。経験者は語るというやつでしょうか。「結婚してはや50年。それでも仲がいいのは、互いの性格でしょう。人生100年の時代です。いくら美人の女性も、80をこえればババァです」というコメントにも納得です。これから先のことをイメージすれば、どちらがいいのかおのずと答えが見えてくるのかもしれません。

そんな中、質問者の心に一番響いたのは、「美人はすぐ飽きるから外に相手を作ればいい」という「顔ではなく性格」派の男性のコメントだったようです。その人はこうも言っています。「世の中の金持ちの男は、美人というほどではないけど普通の外見の性格の賢い奥さんを選ぶ人の方が多い」「自分がピッチャーなのに、相手もピッチャーだと無理なんです。キャッチャーを選ぶといい」なるほど。私も心のなかで何度もうなずいてしまいました。

ちなみに質問者のその後ですが、顔が好みの女性は性格が最悪で疲れ果ててしまったそうです。しかし、どうやらモテる男性のようで、これからも「美人で性格が良く、なおかつ結婚に適した3拍子そろった女性」を探していくとのこと。彼がすてきな結婚生活を送れることを、かげながら応援したいと思います。

参照元:「教えて!goo」  

(文/八木澤 姫茉莉@HEW)

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ