ここから本文です

「この子かわいいな」と思っていても、ちょっとしたことがきっかけで男性の恋心が冷めてしまうことはあるもの。なかには、女性のファッションで冷めてしまうことも多いようで...。男性に「恋心が冷めた女性のファッション」を聞きました。

サムネイル

■耳に大きなイヤリング
「大きなイヤリングを付けていると、一気にイメージダウン。話している時も、耳が痛そうな気がして気が散ってしまう。印象も派手になり、自分の求めるタイプとは違うと感じる」(25歳)

確かに、大きなイヤリングをしている女性を見ると「耳重そうだな」と気になってしまうことはあります。

■ムートンブーツ
「足元がモコモコしているように見えて、どうしても好きになれない。特にアラサー女子が履いていると、年齢とのギャップに違和感を覚えてしまう。最近は履いている人も多いけど、ムートンブーツが似合う人はそれほど多くない気がする」(28歳)

最近流行したムートンブーツですが、否定派の男性は多い模様。ムートンブーツを履くときは、年齢や雰囲気とのバランスを考える必要がありそうです...。

■エナメルレギンス
「最近ちらほら見るけど、正直良さが分からず...。足が細くてスタイルの良い子が履いていると、とてももったいなく感じる。あのピカピカした見た目が女性のかわいらしさを邪魔している!」(24歳)

熱い意見ですね! 確かにスタイルの良い女性が履いているイメージの多いエナメルレギンスですが、逆に足の細さをアピールしすぎてしまい、打算的に見えてしまう気もします。

■ボーンブーツ(グラディエーターブーツ)
「昔の彼女がよく履いていたが、自分は嫌いだった。実際はそんなことないと思うけど、足が締めつけられて痛そうだし、足元の主張が強すぎて、全体のバランスが悪くなる」(27歳)

何となく足に負担のかかりそうな見た目が、一部の男性には不評なのかもしれません。男性は意外に細かいところまで見ているものですね。

気合を入れた勝負ファッションが、逆に恋路を終わらせてしまう...なんてこともあるのが怖いところ。自分のファッションに無頓着でも、「女性のファッションにはうるさい」なんていうワガママな男性もいるのでご注意を!

(有井太郎+プレスラボ)

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ