ここから本文です

現在世界中に10億人を超えるユーザーがいると言われる大型SNSサイト「Facebook」。現実の人間関係を重視したサービスは、これまでにないウェブ交流を可能にしたわけですが、そのリアルさゆえに波紋を呼ぶこともしばしば......。今回はそんなFacebookのトラブル体験を紹介します。

サムネイル

■彼氏に浮気がバレた
「彼氏に他の男性と飲みに行っていたことがバレました。私の写真の投稿と、浮気相手の写真の投稿が同じエリアの店内や街並みだったからって。以来、見られてマズイことは投稿しないように気を使ってます」(27歳)

いつ、どこで、誰が見ているかわからない。それがFacebookの恐ろしいところ。

■浮気相手と誤解された
「合コンで知り合った男性の申請を何気なく承認しました。どうやらその人、そうとうな遊び人だったみたい。その男性の彼女が私の会社まで乗り込んできたことがありました。本当に迷惑!」(28歳/女性)

「勤務先」の情報や「○○でランチ」といった投稿で、生活範囲もバレやすいことを意識しましょう。

■意識の違いが浮き彫りに
「『渋谷で、1500円カキフライ食べ放題やってる! すごい!』という投稿をしたら、友だちに『それってもしかして、ワケありのものが流通してるからそういう値段なのかも』と陰謀論的なコメントをつけられて返事に困りました」(26歳/出版)

相手は親切で言っているのかもしれませんが、考え方の違いは穴埋めできませんよね。自分の主義主張を押し付けるのもほどほどに。

■それ、私じゃないから!
「友だちがアップした写真に私がタグ付けされていたので、見てみると写ってたのは私のオカン。オカンの顔を知ってるから私に知らせようと思ってアップしてくれたんだろうけど、誤解を呼ぶわ!」(25歳/IT)

"タグ付け"機能は、特にトラブルのもとになっているようです。

■ウケ狙いだったのに
「彼氏が私との交際ステータスを"複雑な関係"にしていることを知った友人に微妙な顔をされた。ただのウケ狙いのつもりだったのに...」(24歳/映像)

たしかに、本当に複雑だったらむしろ公表できないと思いますが......。

■片思いがもっとつらい......
「片思いをしていた男友だちが共通の知り合いと付き合い始めた。Facebookに2人の写真がアップされるのを見るたびに心がモヤモヤします」(25歳/小売)

見たくなくても更新されるウォールは時に残酷ですね。

便利な反面、使い方を間違えると人間関係が破たんしてしまうほどの影響力を持つFacebook。投稿する前に、「現実の世界でもこの内容、言ってたかな?」と考えてみるとトラブルを未然に防ぐことになるかもしれませんよ!

(板橋不死子+プレスラボ)

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ