ここから本文です

9月に東京駅で行なわれた、丸の内駅舎の復元工事完成イベント「TOKYO STATION VISION -トウキョウステーションビジョン-」で一気に知名度が上がった、建物に3D映像を流す「プロジェクションマッピング」。これは、単なるイルミネーションを超えた"アート作品"ともいえるものなのです。

サムネイル

※この画像はJR東日本のリーフレットより。


「プロジェクションマッピング」とは、プロジェクターを使って建物に合わせた立体映像を映し出し、その建物が動いているかのように見せるなどの演出ができる技術。日本では数年前から多くの場所でショーが行なわれています。そのなかから、現在観られるオススメのスポットをピックアップします。

■東京駅でもう一度見られる! 今回は光の世界がテーマ

サムネイル
※この画像は、ジェイアール東日本企画のニュースリリースより。


12 月21日(金)から12 月28 日(金)まで、東京駅周辺では「東京ミチテラス2012」と題し、さまざまなイベントが行なわれます。その中でも丸の内駅舎前では、プロジェクションマッピングを使ったショー「TOKYO HIKARI VISION」が行なわれ、光をテーマにしたさまざまな映像が映しだされます。上映時間などは近日中にアップされるそうです。詳細はこちら

■シンデレラも登場する、カレッタ汐留

サムネイル
※この画像は、「リュミエの森」特設サイトのキャプチャーです。


今年10周年のカレッタ汐留では、12月25日(火)までプロジェクションマッピングとLEDを使ったショー「リュミエの森」を行なっています。映し出されるのは、巨大なクリスマスプレゼント、お菓子の家、そしてシンデレラと王子様など。映像は約6分間で、17時から22時半までのうち、20分おきに流れます。なお、12月21日(金)から25日(火)までは23時まで行われるとのこと。詳細はこちら

■お台場・ヴィーナスフォートでは「ONE PIECE」の映像が

サムネイル
※この画像は、ヴィーナスフォート内特設サイトのキャプチャーです。


ヴィーナスフォートでは、映画「ONE PIECE FILM Z」の公開を記念し、ワンピースの世界観を描いたショーが来年1月31日(木)まで実施されます。上映は11時半から毎時30分にスタートしますが、行なわれない時間帯もあるそうなので、ヴィーナスフォートの公式サイトをご覧下さい。

■長崎・ハウステンボスには巨大なドラゴンが出現

サムネイル
※この画像は、ハウステンボス公式ウェブサイト内特設サイトのキャプチャーです。


ハウステンボスのスタッドハウスに「伝説のドラゴン」がよみがえるという内容の、約7分間の迫力映像が見られます。ドラゴンや天使などが、まるでこちらに向かってくるような錯覚に。期間は来年3月4日(日)まで。詳細はこちら

■群馬・ぐんまフラワーパークでは妖精たちが踊る

サムネイル
※この画像は、ぐんまフラワーパークFacebookページのキャプチャーです。


ぐんまフラワーパークで開催中の「妖精たちの楽園イルミネーション」でも、プロジェクションマッピングが使われています。パーク内に点灯する100万球のLEDとともに織りなす映像には圧倒されます。期間は12月30日(日)までで、時間は16時から21時まで。詳細はこちら

■USJでは大好評だった「天使のくれた奇跡」の新作が

サムネイル

ユニバーサル・スタジオ・ジャパンは2010年まで上映され大好評だったという「天使のくれた奇跡」の新作「天使のくれた奇跡II」が、来年1月7日(月)まで実施中です。詳細はこちら

最先端の映像技術が使われたプロジェクションマッピング。今年の冬は大切な人と一緒に、その魅力を体感してみてはいかがでしょうか。

(八木澤姫茉莉@HEW)

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ