ここから本文です

恋人にとってデートは至福のひと時ですが、中にはささいなことがきっかけで彼氏に幻滅されてしまったり、最悪別れ話に発展するというケースも......。今回は、男性陣が体験した"最悪のデート"をご紹介しちゃいます。

サムネイル

◆気になるのはわかりますが......

「海が好きな彼女を喜ばせるため、友人に尋ねたりネットで調べたドライブルート。でも、魚介類が美味しいお店に行けば『お刺身美味しいね。誰とデートしたときに発見したの?』、海が見える公園に行けば『元カノとここでイチャついたんだね』など、とにかく訪れる場所すべてにおいて誰と何をしたか聞かれてげんなり...」

女性はついつい「元カノともここに来たのかな」と考えてしまいがちですが、これじゃせっかくのデートが台無しです。過去にとらわれないで、今だけを見て楽しんでくださいね。

◆相手の気持ちを考えたとしても......

「運転中に俺の携帯が鳴ると、助手席に座っていた彼女があたりまえのように出た。それはおかしいだろと注意したら『運転しているアナタの代わりに出てあげたのに。やましい電話でもかかってくるの?』と逆ギレし最終的には泣いた...。この女はヤバイと思って、デートを途中で切り上げ速攻で別れた」

もちろん運転中は携帯に出られませんが、勝手に出るのはよくないですね。やましいことがなくても、携帯を人に見られるのは良い気分ではないですから。恋人同士でも、最低限のプライバシーは守りましょう。

◆すごいけど......

「彼女の車で海に行くことに。『わたし、運転自信あるんだ!』と言っていた彼女の車は、シャコタン&ハデハデ。さらに、交差点でもあまり減速せず突っ込み、急ハンドル、タイヤを鳴らして曲がり切る...。『ねっ、凄いでしょ!』と彼女は言っていましたが、僕は完全に車酔いしました」

見事な運転さばきではありますが、彼氏が求める姿ではないですよね......。あくまでも"女性らしさ"は見失わないようにしましょう。

◆携帯はほどほどに......

「食事中、彼女は女友だちとひたすら雑談。しかも、暗い話。結局、俺が食べ終わるまで電話しっぱなしだった」

友だちも大切ですが、デート中はデート相手を最優先に考えてあげましょう。わざわざ二人で来た意味がなくなってしまいますからね。

◆TPOはわきまえて

「おしゃれなレストランに行くと言っておいたのに、ビーチサンダルで彼女が登場」

いつもビーサンを履いていたとしても、行く店や場所によって服装を変えるぐらいの配慮はすべきですね。

女子のみなさん、自分に当てはまるものはありませんでしたか?「これをきっかけに別れる」という結末にならないように、十分気をつけてくださいね。

参照元:HOMMENAVERまとめ

(文/金潤雅@HEW)

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ