ここから本文です

1月に第1子が生まれた松山ケンイチ&小雪夫妻に始まり、12月に出産した長谷川潤まで、2012年はまさに"芸能界ベビーブーム"の一年でした。今回は、そんなベビーブームに乗った芸能人たちをおさらいしていきましょう。

サムネイル


■松山ケンイチ&小雪夫妻(1月に出産・男児)

出産後には、「このたび、家族が増えたことをとてもうれしく思います」(松山ケンイチ)、「おかげさまで、母子ともに元気で過ごしております」(小雪)と幸せたっぷりのコメントを寄せた二人。

生まれて1ヶ月は「疲れがひどくて、子どもがかわいいと思えなかった。繊細でよく泣くので1時間おきに起こされて寝れなくて......、思考能力も落ちたりした」と苦労話を話していた小雪でしたが、徐々に慣れてきて「泣く要求に対しても楽しめてきてる」と育児を楽しんでいるようです。すでに第2子も妊娠中。来年の出産報告も待ち遠しいですね。


■大竹一樹&中村仁美夫妻(3月に出産・男児)

初めての子供に大竹は「何しゃべっていいか分からないので、『どうした?』と話しかけています」と戸惑いぎみ。さらに、「帰ってくると子供が寝ていて、子供の様子を見たいんだけれど、50センチ以内に近づいちゃいけないというルール。『起きたらどうしてくれるんだ』と(嫁に)言われる......」と、中村の姉さん女房っぷりも吐露していました。


■庄司智春&藤本美貴夫妻(3月に出産・男児)

出産当初は、「ミキティー、ベビティー、ミキティー」とおなじみのギャグを連呼していた庄司。ミキティによれば、さっそくの"イクメン"っぷりを発揮しているそうで、家に『男の育児バイブル』という雑誌があったり、子供を寝かしつけたり、絵本を読んだり、オムツをつけ替えたりという育児へも積極的に参加してくれている様子。


■KENJI03&倖田來未夫妻(7月に出産・男児)

出産前から、「赤ちゃんに安らぎを与えられる」という"ベビーマッサージ"の練習に通っていたという二人。倖田はすでに新曲や復帰ライブと精力的に活動を再開する一方で、育児をしながらも自宅の夕ごはんをお品書きの注文式で夫に提供するなど、良妻っぷりも発揮しています。子育てとの両立をしつつも、いつまでも強くてかっこいい倖田來未でいてほしいですね。


■石田純一&東尾理子夫妻(11月に出産・男児)

これで3人の父親となった石田ですが、「おむつ替えも沐浴(もくよく)も慎重すぎて時間がかかってしまい、『子どもが風邪をひいてしまう』と理子さんに怒られる」とコメント。「不倫は文化だ」なんて言っていた頃が懐かしいですね。


ほかにも、2012年に出産している主な芸能人がこちら。

・新藤晴一&長谷川京子夫妻
・田中圭&さくら夫妻
・戸田菜穂
・市村正親&篠原涼子夫妻
・りょう
・小倉優子
・若槻千夏
・魔裟斗&矢沢心夫妻
・若旦那&MINMI夫妻
・山田花子
・井川遥
・藤本敏史&木下優樹菜夫妻
・寺島しのぶ
・黒木メイサ
・ギャル曽根
・中澤裕子
・長谷川潤

こんなに赤ちゃんが生まれたと思うと、なんだかこちらまで幸せな気分になりますね。2013年も多くの幸せなベビーが生まれることを祈っています。

参照元:NAVERまとめ

(文/金潤雅@HEW)

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ