ここから本文です

この時期、テレビをつけると特番だらけで、いやでも年末気分が高まってきますね。今年の"顔"のタレントといえば、皆さん誰を思い浮かべますか? 2012年にもっとも活躍したタレントをランキング形式で総ざらいしてみましょう。

サムネイル

【出演番組本数ランキング/男性タレント】
※ニホンモニター調べ ※()内は番組本数

■1位 設楽統(バナナマン)(611)
ノンストップ!(CX)/雑学家族(EX)/世界は言葉でできている(CX)など

■2位 有吉弘行(518)
マツコ&有吉の怒り新党(EX)/有吉ジャポン(TBS)/スター☆ドラフト会議(NTV)など

■3位 加藤浩次(496)
スッキリ!!(NTV)/SUPER SOCCER(TBS)/平清盛(NHK)など

■4位 ビビる大木(488)
PON!(NTV)/超潜入! リアルスコープハイパー(CX)/土曜スタジオパーク(NHK)など

■5位 若林正恭(オードリー)(485)
ヒルナンデス!(NTV)/謎解きバトルTORE!(NTV)/日曜×芸人(EX)など

■6位 春日俊彰(オードリー)(477)
ヒルナンデス!(NTV)/謎解きバトルTORE!(NTV)/学生HEROES!(EX)など

■7位 テリー伊藤(473)
スッキリ!!(NTV)/サンデー・ジャポン(TBS)/サンデースクランブル(EX)など

■8位 綾部祐二(ピース)(451)
ピカルの定理(CX)/ほこ×たて(CX)/芸人報道GNN(NTV)など

■9位 上田晋也(くりぃむしちゅー)(433)
おしゃれイズム(NTV)/シルシルミシルさんデー(EX)/Going!(NTV)など

■10位 日村勇紀(バナナマン)(428)
もてもてナインティナイン(TBS)/雑学家族(EX)/乃木坂って、どこ?(TX)など

昨年1位の有吉弘行を抑えてトップに輝いたのは、朝の情報番組のMCが好評のバナナマン設楽。ですが、帯番組を持たない有吉が2位につけているのは、まだまだ驚異的な活躍をしているといえるでしょう。今年初ランクインした8位のピース綾部は、現在主に夜~深夜帯で活躍しているので今後の躍進が期待できそう。


【出演番組本数ランキング/女性タレント】
※ニホンモニター調べ ※()内は番組本数

■1位 近藤春菜(ハリセンボン)(560)
おはスタ(TX)/天才! 志村どうぶつ園(NTV)/ノンストップ!(CX)など

■2位 箕輪はるか(ハリセンボン)(493)
おはスタ(TX)/天才! 志村どうぶつ園(NTV)/志村劇場(CX)など

■3位 関根麻里(383)
ZIP!(NTV)/1億人の大質問!? 笑ってコラえて(NTV)/潜入! リアルスコープZ(CX)など

■4位 ベッキー(375)
笑っていいとも!(CX)/天才! 志村どうぶつ園(NTV)/世界の果てまでイッテQ(NTV)など

■5位 SHELLY(349)
ヒルナンデス!(NTV)/今夜くらべてみました(NTV)/いきなり! 黄金伝説。(EX)など

■6位 大島美幸(森三中)(326)
ヒルナンデス!(NTV)/Goro's Bar(TBS)/ウーマン・オン・ザ・プラネット(NTV)など

■7位 マツコ・デラックス(319)
(※男性としては36位)
マツコの知らない世界(TBS)/有田とマツコと男と女(TBS)/マツコ&有吉の怒り新党(EX)など

■8位 鈴木奈々(313)
オトナへのトビラ(NHK)/世界一受けたい授業(NTV)/ストライクTV(EX)など

■9位 芹那(310)
(※SDN48での出演含む)
PON!(NTV)/人志松本のすべらない話(CX)/世界一受けたい授業(NTV)など

■10位 柳原可奈子(309)
笑っていいとも!(CX)/スッキリ!!(NTV)/ペケ×ポン(CX)など

昨年2位のベッキーを、昨年4位の関根麻里が逆転。女性MCの代替わりが起こりました。今年初ランクインしたのが、1位2位のハリセンボン。ハリセンボン近藤は、上半期に限るとバナナマン設楽をおさえて1位。8位の鈴木奈々、9位の芹那はレギュラー本数は少ないものの、ひな壇やゲスト枠で大いに活躍しました。今後、MCなどの役回りが増えればランキングの常連となるかもしれませんね。

総合20位までを見てみても、「田村淳(ロンドンブーツ1号2号)」(同率13位)「劇団ひとり」(同率17位)「タカ(タカアンドトシ)」(20位)という、MCができるお笑い芸人が多数ランクインしています。フリートークの面白さが備わったタレントが求められているようですね。年末年始の特番の"出演本数"もぜひチェックしてみてください。

(田中結/プレスラボ)

参照:ニホンモニター2012タレント番組出演本数ランキング

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ